コーチングで代表されるマインドの使い方を長年指導して来て、色々なプリンシプルを体系的に教える必要性を痛感している。もちろん有効な方法、逆にやってはいけない原則、誰にでも適用可能なもの、個別に調整(ツィーキング)するべきもの、抽象度が特に高いもの、現場の訓練が効果を上げるもの、プリンスプルには色々な傾向がある。コーチング理論は単なる説明の原理であり、その背景には一見矛盾関係にあるようなプリンシプルもある。


例えば、ゴールは現状外で見えないはずなのに探せるのは何故か。満足するイメージをするとモーチベーシィンが下がることを示唆するデータがあるのに、アファメーションが効くのは何故か? エフィカシーと勘違いはどう違うのか。こういった質問に自然に回答が出来るには、マインドの背景のプリンシプルの知識の本質的な習得が必要である。


これまでは、コーチング学校やセミナーを通して、コーチング技術などのマインドテクノロジーの技術論を教えるにあたって、付随的に教えて来たプリンシプルを見直し、場合によっては整理して、一つに独立したファシリテーター方式の教育プログラムとして設計した。

数人から数十人規模のクラスで、一対多のファシリテーター方式で教えるカリキュラムとして機能するように構築してある。これを教える初代ファシリテーター養成講座を開講する。同時に本講座は録画収録され、編集等を経て、将来のクラス教材としても使用される予定である。この教材を利用して、養成されるファシリテーターは将来自身のクラスを有料開講する権利が付与される。

このクラスは、認定ファシリテーター養成が主目的であるが、コーチング理論を背景から理解したい方、自身のコーチングのレベルを更に上げたい方、コーチングに限らずマインドテクノロジーの最先端に興味のある方にも有効である。


以下、担当事務局から、
**********************************************************************

苫米地博士が自ら手掛ける超・重大プロジェクト「苫米地コーチングプリンシプル」が始動します。

「苫米地コーチングプリンシプル」はプログラムの名称であり、苫米地博士の”思考の結晶”です。

科学の最先端を切り開く孤独な研究生活、カルト宗教との戦い、コーチングの普及、、、
その壮絶な人生をもとに、苫米地博士が次世代プログラムを新しく創造します。

セミナーはプログラムのFT(ファシリテーター)養成を目的にしていますが、今回ご参加いただいた方には、プログラム制作の現場にご招待します。苫米地博士が何を考え、何を語り、何を生み出すのか。皆さまはプログラム誕生の瞬間に立ち会うことになるのです。

大変に貴重な機会になりますので、ぜひ参加をご検討ください。
詳しくは、次のページでご案内しております。

https://maxpec.net/190504/
※申込期日が迫っています。ご注意ください。