ドクター苫米地ブログ − Dr. Hideto Tomabechi Official Weblog

苫米地英人博士のオフィシャルブログ --- Dr. Hideto Tomabechi's functional ringtone was featured in Discovery Channel. He heads Dr. Tomabechi Works. He also is an Adjuct Fellow at CyLab, Carnegie Mellon University.

2011年07月

7/29アマゾンキャンペーン開始フィデルカストロとの共著『もう一歩先の世界へ 脱資本主義の革命が始まった』

32484a98.jpg新刊『もう一歩先の世界へ 脱資本主義の革命が始まった』苫米地英人/フィデル・カストロ・ディアスバラールト (徳間書店刊) 発売開始

4年かけて完成した書籍

アマゾンキャンペーン
7/29(金)19:00〜8/8(月)19:00
10日間限定

詳細は、
http://www.maxpec.com/

キャンペーンに当たった人で今月、来月のワークスクラスに支払い済みの人は全額返金します。

苫米地英人博士が明かす 「寄付を悪用するカルト集団」 http://news.livedoor.com/article/detail/5733618/

ライブドアニュース
『苫米地英人博士が明かす 「寄付を悪用するカルト集団」
http://news.livedoor.com/article/detail/5733618/

アレイダゲバラと講演会をする。チェ・ゲバラの長女で小児科医。東日本震災被災地での話もしてもらう

■苫米地英人×アレイダ・ゲバラ 特別講演会

タイトル:〜クライシスにおけるゲバラ主義と日本の新生〜

講師 :苫米地 英人 / アレイダ ゲバラ (キューバ親善大使)

日時  :2011年8月10日(水)19:15 開演 〜 21:15 終演

価格  :3,000円

【お申込みHP】
http://www.forestpub.co.jp/seminar-detail.cfm?LID=20610

残席わずかー苫米地英人×中村うさぎ×くらたまトークショー、7月28日 19時開演、要事前予約、サイン会もある

10fff3fc.jpg苫米地英人×中村うさぎ×倉田真由美トークショー

残席わずかだそうだ。

7月28日 開場18:30 開演19:00
●会場 紀伊國屋サザンシアター(紀伊國屋書店新宿南店7階)
●料金 1,000円(全席指定・税込)
●チケット取り扱い 紀伊國屋サザンシアター、キノチケットカウンター
●電話予約・お問い合わせ 紀伊國屋サザンシアター(TEL:03-5361-3321
【紀伊國屋書店ホームページ】 http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110628114500.html

KeyHoleTVは地上デジタル放送の再送信を固くお断りします。別途、本日開始のトランスポンダー遅延実証実験には協力依頼がありました。

本日テレビアナログ放送が停波します。これまで通り、今後もキーホールTV (http://www.keyholetv.jp) は、地上デジタル放送や衛星放送などのデジタル放送の再送信を固くお断り致します。

別途、米国ではデジタル放送が、トランスポンダーを通ることにより大きな遅延が出ることが問題になっています。実際米国の地上デジタル放送は約7秒の遅延があります。これは、対テロや自然災害時に大きな問題になることが指摘されています。

日本でも、東京の地上デジタル放送の遅延は約2秒ですが、番組がトランスポンダー経由で再送信されている地方のデジタル放送は3秒以上の遅延があり、東海冲地震が想定される地域も3秒以上の遅延となっています。

このトランスポンダー遅延はKeyHoleTVのエンコーダ、デコーダアルゴリズムを使えば大幅に軽減されます。この実証実験を米国研究者から日本の協力で行ないたいとの依頼がありました。実験はデジアナ変換して配信されてくるアナログ波放送と、アナログ変換されずにトランスポンダー再送信されるデジタル放送との遅延実験です。もちろん無償実験です。実験に協力される方は、ご自宅の地上デジタル放送やワンセグ放送と、トランスポンダーを通さずデジアナ変換されたアナログ波番組をKeyHole技術でエンコードしたものとの時差を米国研究者に報告して欲しいとのことです。詳細は、http://www.keyholetv.jp にあります。

本実証実験は、コグニティブリサーチラボが行うものではありませんので、画像や音質クオリティなどを含む一切のお問い合わせにお答え出来ません。また、本実証実験は不特定多数を対象としたものではないので、KeyHoleTV上でパスワードをかけることを米国研究者にお願いしています。

また、通常のKeyholeTVコンテンツも、全世界の配信者の好意で流されているものであり、運用も米国研究者達の好意でされています。違法コンテンツなどの停止要求は米国運営機関に上記サイト経由で直接英文でご連絡ください。

辛酸なめ子さんとの『魔女の鉄槌』対談、Ustreamの再放送は、http://majotetsu.jp/

33745187.jpg昨日の辛酸なめ子さんとの『魔女の鉄槌』対談、Ustreamの再放送はこちらで見られる。

http://majotetsu.jp/

『1分間ですべての悩みを解放する!』公式 EFT Manual(春秋社刊)、こちらもおすすめ

9db7386c.jpg『1分間ですべての悩みを解放する!』公式 EFT Manual(ゲアリー・クレイグ著、春秋社刊)、こちらも一読を薦める。

『為替占領』(岩本沙弓著)、一読を薦める

d72d82a4.jpg岩本沙弓さんの『為替占領』(ヒカルランド)絶賛発売中

私の『日本の盲点』(ヒカルランド刊)でも指摘したが、日本がいまだに純粋の独立国としての地位を得ていないということは、為替についてみてみるとよくわかる。岩本沙弓さんはディーラーという職業の中で、何かおかしいなという気づきから、変動相場制システムで、結果的に日本は米国に貢いでいるんじゃないかという事実を明らかにした。考えれば、311の後に、すぐに為替の協調介入があった事自体変である。この本は、ルールメークした米国というところがドル安の次にどんな手を考えているのかを予測するのにもいい。岩本沙弓さんの『為替占領』(ヒカルランド)、一読を勧める。

明日21日18時半から辛酸なめ子さんと「魔女の鉄槌」対談、USTREAMとニコニコで生放送

明日21日18時半から、マンガ家でエッセイストの辛酸なめ子さんと『魔女の鉄槌』対談をする。USTREAMとニコニコで生放送される。

放送までに『現代版 魔女の鉄槌』(フォレスト出版刊)を読んでおいてくれると更にディープな話ができる。

詳細はサイゾーのサイトにある、
http://www.cyzo.com/2011/07/post_7951.html

USTREAM
http://ustre.am/B6R4

ニコニコ
http://live.nicovideo.jp/gate/lv57201481

今月のワークスクラスは23日土曜日から、23,24,30,31日。今月から通常クラスに戻るが、リクエストが多いのでクライシスサイコロジスト認定併設カリキュラムも設ける。今月はミルトンエリクソンを本格的に探求

今月のドクター苫米地ワークスクラスは、7月23,24,30,31日。

今月のクラスはミルトンエリクソンの技術を特に探求する。29日の催眠術協会の私の第一部の実技指導と併用するのも効果的。

ワークスクラスは、今年は更に高度な技術にもチャレンジしたいので、今月から通常カリキュラムに戻る。ただ、まだリクエストが続いているため、クライシス・サイコロジストのカリキュラムは希望者には併設で学べるようにするので、クラス初日にクライシスサイコロジストのプログラムを希望の人はその旨を受け付けで伝えればいいようにした。認定証も発行できるカリキュラムを並列で受けられるようにカリキュラムを工夫する。

東北地方からの大幅割引きもリクエストが続いているので継続する。実技中心のクラスにしたいので、ワークスDVDはできるだけ見終わってから参加して欲しい。ただ、前提知識のない、全くの未経験、初心者でも学べるカリキュラムにしてある。

通常クラスは、最低4日間の受講から受け付けている。また、6日間コースを修了した人で、希望者には、修了認定証を発行する。その場合は、今月の4日間と来月以降の任意の2日間を修了した段階で認定証を発行する。実技の習得が中心なので、可能であれば、6日間の参加を薦める。ワークスクラスのカリキュラム内容は、悪用される危険性があるので、守秘義務が果たされるのを事前に理解した人のみが参加できる。従って、クラス内容に対する事前の問い合わせも受け付けていない。私の著書やDVDなどを読んで、次のステップの技術を学びたいという人の参加を受け付けている。


クライシスサイコロジーについては、USTREAM http://www.ustream.tv/recorded/14451458 でも話した通り。これまでもコーチングなどの資格を国際資格認定機関の日本代表として認定をしてきたノウハウで、クライシス・サイコロジストのライセンス認定をする。私の署名入りの英文ライセンス証を出すので世界で堂々と使用してもらえる。また、過去の卒業生と合わせて不定期でフォローアップのトレーニングを計画している。

クライシスサイコロジスト認定を希望の方のクラスの日程も、今月の4日間と来月以降の任意の2日の6日間となる。

クライシスサイコロジーは、米国CDC(疾病予防管理センター)の定義をベースに、苫米地派の介入的手法をベースとしたマインドテクノロジーを利用して、今回の東日本大震災、原発事故などの直接、間接的な心理被害を介入的にマネージする技術を学び、カウンセラー、メンタルトレーナーとして実際に無償、有償で活動するライセンスを苫米地派から認定する。有償にするか無償にするかは、ライセンス認定者が自由に決めて良く、また、有償の場合も苫米地派に対するライセンス料の支払いは一切必要ない。ライセンス証の発行が必要な場合のみ実費となる。


また、東北地方からの参加者に限り、通常カリキュラム、クライシスサイコロジスト認定カリキュラム共に、受講料が7割引になる。これは、実際のクラス運営原価を大きく割る価格なので事実上の無償となる。東北地方からの参加者は、住所の確認等事前手続きが必要なので、本クラス専用アドレスの

drtomabechicrisis@gmail.com

に事前に問い合わせて欲しい。

今回の東日本大震災では、強い心理的トラウマを数千万人単位で受け、もちろん、現段階でも余震などで、IQが下がった無意識レベルでの不安の日々を多くの人が送っている。これは、本人が自覚していない場合も多く、まさにCDCが指摘する通り大きな社会リスクがある。

また、強い心理トラウマは、脳のトラウマとなり、将来のガンなどの発生確率から、原発事故の放射性物質そのものの被害よりも甚大な健康被害を広く日本人に及ぼすのではないかと推測される。これは、直接目に見えない形であり、現政権の今後の施策でも、経済的復興は期待できても、効果的な大規模トラウマに対する方策は期待できない。このような現状で、有償、無償で、周囲の脳と心に深く働きかけて、クライアントの本来の精神状態を回復するばかりではなく、更には、高度なコーチング技術におけるように、高いエフィカシーを維持できるような、介入的な心理手法を行使できる技術を伝授することにした。

ワークスクラス外で教えているいわゆるコーチングでは、非介入的な方法論を使うので、脳と心に直接介入的な操作を加えるような手法は用いない。今回の東日本大震災の心理被害は、かつて米国で、にわかにエリクソン派の介入的な手法が重要となったベトナム戦争時を遙かに凌ぐ規模の心理被害であり、通常のコーチングの枠組みを超えて、苫米地派が得意とする介入的な心理手法の技術を伝授する必要があると考えている。もちろん、高度な技術を、全くの未経験者にも学んでもらえるように、一日6時間から7時間程度フルに5日間に渡ってみっちり指導するインテンシブなクラスになる。私が直接指導するので、全くの初心者でも技術を習得できるまで、責任をもって指導する。


医師、弁護士、会計士、教師、聖職者を含むプロフェッショナル一般向けの介入的な脳と心の書換技術をライセンス行使する苫米地派の資格を認定する「苫米地英人研究所ライセンス認定クラス」は、今月も工夫して同時開講するので、広く資格を得たい方は、そちらのクラスを受講して欲しい。両方のクラスを同時受講することもカリキュラム上可能としている。これは、通常クラスの修了証明書とは全く異なり、私の名前で、内部表現書換技術を行使することを全世界に私がレファレンスになるというクラスで、レベルが異なる認定である。

本クラス申し込みアドレスと、「苫米地英人研究所ライセンス認定クラス」は今までと同じ。

dr.tomabechi.works@gmail.com

に、氏名/年齢/住所/TEL、履歴の入った自己紹介、志望動機を書いて、メールタイトルを 「ライセンス認定クラス合同クラス問い合わせ」として、お申し込みを。東北地方からの参加者もこのアドレスに参加申し込みをした上で、割引資格の確認を、

drtomabechicrisis@gmail.com

にして欲しい。

受付担当はクラス内容の知識はないので、クラス内容についてのご質問は受け付けていない。私が責任をもって指導するという言葉で内容は私に任せてくれる人のみに参加して欲しい。


お申し込み参加者には、定員などの理由でお断りする場合以外は個別にご連絡していないので、受講料をお振込みの上、直接クラスにお越しを。


上記申し込みアドレスから返信が届かない場合、並びに、東北地方からの参加者で割引希望の方は、

drtomabechicrisis@gmail.com

に、ご連絡を。

ワークスクラスの内容には、書籍には書くことのできない技術が含まれるので、参加者全員に守秘義務が果たされる。

合同開催される『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』は、全世界で通用するライセンスを発行するクラス。海外からのレファレンスも私が直接対応し、全世界で仕事ができる。ライセンス認定クラスの最初の8日間は本クラスと通常のワークスクラスと合同開催となる。また、ライセンス取得者は、専用の特別プログラムを有料で自ら教授する資格も得ることができる。更に、この資格認定者のみ参加資格が得られる私も参加する海外実習ツアーなどがある。

このクラスの受講者で、同時にクライシスサイコロジスト資格も必要な方は、別途上記のアドレスで二日間の追加有料申し込みが必要になる。


ワークスクラスは基本的に毎月最後の土日四回を使って開かれている。8月以降の予定は、8月20,21,27,28日、9月17,18,24,25日、10月22,23,30,31日、11月19,20,26,27日。私の出張などで日程が変更になることもある。


追記、

また、よく質問を受けるが、「苫米地コーチング」は、これらのクラスとは異なる。これは、私が個別に個人コーチングをしながら、同時に、コーチングを教えるもの。従って、上記のそれぞれのクラスとは異なる。コーチングの問い合わせがもしあれば、上記アドレスに質問してもらうのは構わない。

金融監督当局は日本赤十字社などの寄付金引受銀行口座に入金された資金を源泉とする貸出金の創出を震災地域対象の貸出金に限定する規制を速やかにせよ。

一昨日、日本赤十字社の震災義援金入金銀行口座(3メガバンクとゆうちょ銀行)への入金額2603億円のうち1740億円がまだ分配されていないことを書いた。この運用益は4ヶ月で少なく見積もって20億円と書いたところ、受け入れ銀行口座は普通預金であり、金利は低く、ゆうちょ銀行に関しては金利のない当座預金ではないかとの質問があった。

この数字は、平均元本 2000 億円として年利3%として、4ヶ月で20億円ぐらいという暗算をしただけの数字で数字そのものにこれといった根拠はない。ただ、通常、基金のプロの財務担当者は資金をそのまま当座や普通預金においておくはずがなく、元本を確保した上でも最低このくらいの運用はできているだろうという数字だ。

ただ、話題にすべきは、この日本赤十字社そのものの運用益の使途もさることながら、準備預金制度ならびにデリバティブにより新たに創出される資金の行方である。つまりメガバンクの預金口座に入った後に、その預金残高をレバレッジに生み出されるマネーサプライの行方である。

ここでデリバティブについてはとりあえず話題にしないで、純粋に銀行が生み出すマネーサプライだけを考えてみる。BIS規制では銀行の資金創出倍数は12.5倍であるが、新BIS規制などで、邦銀の現在の実質創出倍数は8倍程度である。

つまり2603億円の預金口座残高があれば、2兆824億円の貸出し資金が既に創出されているということである。通常の企業向け貸出し金利の4%程度で貸出しするなら、年間ベースで832億円、この4ヶ月で277億円の利益が銀行システムの中で既に生み出されているはずである。実際のところは、邦銀は外資系銀行と組んで既にデリバティブ取引で遥かに稼いでいるはずである。

つまり日本赤十字社を通じた国民の義援金で既に銀行は荒稼ぎしたはずである。メガバンク全てが稼いでいる訳だから、メディアも経団連もその支配下にあるわけだから、日本赤十字社からの義援金の配分が遅れていることが一時話題になっていたのが、何時の間にか、テレビで義援金配分委員会が配分に困っていて時間が掛かっているなどの言い訳番組は作られても、批判する大メディアがないのは当然といえば当然だ。

問題なのは、この4ヶ月間に本来被災者に行くべき義援金元本とそこから生み出されたマネーサプライが、配分を待つ間に銀行経由で海外のデリバティブに投資されていることはまず間違いないということだ。これは徹底的に当局が禁止すべきである。義援金は私たち国民が、被災者に渡すお金であり、被災者に渡るまでは、寄付者のものであり、義援金受入機関や銀行がその資金の所有者のように振る舞い、金融システムにより期間の利益を享受してはいけない。

2603億円の被災者の資金が4ヶ月間凍結されてきたのは、どう考えてもおかしい。正直、金融システムの関係者たちがわざと遅らせているとしか思えない。金融監督当局は、各銀行に立ち入り検査してでも、これらの資金の運用状況を国民に明らかにすべきである。

また、金融監督当局は、義援金を元本にして、銀行が準備預金制度により創出する貸出し金を、被災地への貸出しのみに厳しく限定すべきである。上に述べたように2603億円の日本赤十字社管理下の口座にある預金残高だけで、2兆円の貸出金が本来、東北地方に出来ているべきである。

繰り返すが、義援金は、被災者のものである。一時的に日本赤十字社などの銀行口座を通しているだけである。その資金の分配ならびに運用と運用益の使用法は被災者と寄付者のみが決めることであり、日本赤十字社や銀行が権限を持つことがあってはならない。

寄付金や義援金を震災被災者向けに集めている機関は他にも色々あるが、受け入れ口座に入金された途端に自分のお金のように振る舞う行為だけはやめてもらいたい。


PS 更にマクロなスケールで言うならば、私の周囲の義援金寄付者のパターンを見ても、物品の購入や旅行、交遊費などの消費支出を削っての寄付が大部分だ。それが被災者にすぐに渡り、消費活動に速やかに供されるならばいいが、日本赤十字社での例のように四ヶ月というスケールで金融機関で寝かされているならば、その間、もともとは消費に回っていたはずの資金が実態経済に貢献せず、不況の足を引っ張ることになる。義援金名目で経済から吸い上げられた資金が速やかに消費に回らないならば、経済を悪化させ、被災者をかえって苦しめることをよく理解されて、速やかに義援金を配分されることを強く要請する。

日本赤十字社から抗議が来た、追記7月27日

その後の出来事 (2011/7/27)
『週刊女性』に記事を書いた後に、日本赤十字社から第二次配分として、都道府県の「義援金配分委員会」に1666億円の送金があった。内容証明で抗議をもらったぐらいだから、私の『週刊女性』とブログの記事が間違いなく影響を与えたと思う。(まだ収支明細はもらえてないが。)その1666億円から市町村へは1276億円が追加で渡った。1276億円は大きい。日本赤十字社さんありがとう。(それでも7月27日現在、全体の2705億円のうち、被災市町村において配分対象者には、774億円しか渡ってない。ここからは市町村の皆さんの仕事だ。)

以下、7月10日のまま、(リンク先の赤十字さんのサイトは金額が更新されているので、7月10日の数字は記事本文の数字が正しい。)

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
『週刊女性』に赤十字社への寄付は赤十字社の活動費用が差引かれ全額が給付されないという趣旨のことを書いたら、日本赤十字社から編集部に抗議が来たそうだ。赤十字社には、全額が給付されていることを示す収支報告を送って欲しいと、編集部経由でお伝えした。

赤十字社によると「日本赤十字社の活動資金については、法人、個人の社員から寄付されたお金で運営しておりますので、今回の義援金からは活動費・事務手数料はいただいていない」ということだ。つまり、通常の寄付は手数料などを差し引いているが、今回の震災義援金への寄付からは手数料を取っていないと言うことらしい。

ということなので、まずは、私の『週刊女性』の記事は、震災義援金からも手数料を取っていると明らかに読めるので、誤りであるので、この点について日本赤十字社にお詫びをする。もちろん、日本赤十字社からは、これを裏付ける収支報告を、是非受け取りたいことは言うまでもない。

ただ、日本赤十字社のサイトにある義援金受付・送金状況
http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002096.html
を読む限りでは、

7月7日現在での、2,603億円の義援金収入に対して、実際のところは義援金配分委員会経由で、日本赤十字社から被災地市町村へは、823億円しか配分されていない。つまり1740億円は、銀行口座に眠っているということだ。『全額を給付している』とは全く言えないのが現実だ。これは、運用金利収入だけで、2、3ヶ月でゆうに20億円は超えているはずだ。私には、今回の震災義援金は、規模が3000億円レベルと膨大なので、手数料など取らなくても、金利収入だけで、充分事務経費を賄えているという数字に読める。

震災直後に赤十字の震災義援金口座に寄付をした国民の多くは、私を含めて、4ヶ月も経っているのに被災者には大半の金額が未だ届いていないという事実に困惑していることは間違いがない。

日本赤十字社からの私の記事への抗議に正確にご回答するためにも、元本2603億円の運用収入の資金使途も明確にした、収支報告明細を、編集部経由で私宛にお送り頂けるとありがたい。また、残額、1704億円の被災市町村への配分予定も明らかにしていただけないことには、被災地の寄付口座に直接送金した方が、被災者に速く届くという、『週刊女性』に書いた私の主張はやはり変えられない。

実際、7月16日のルータイスと私のチャリティー講演会では、参加者に任意額の寄付の振込控えをもって参加してもらうことにしているが、振込先は、日本赤十字社に加えて、以下のように、被災地の口座に直接できるようにしている。

http://www.bwfjapan.or.jp/110716/furikomi.html


日本赤十字社を含む以下の口座に任意の金額を振り込んだ上で、振込の控えをもって、16日のイベントに参加して欲しい。もちろん、イベントに来ない人も、以下の口座リストを利用して、余剰資金があれば、今後も寄付をして欲しい。政府の復興支援が遅れている今、直接支援は意義深いはずだ。

-------------------------------------
東日本大震災チャリティイベント
PX2 ルー・タイス×苫米地英人 講演会
東日本大震災義援金振込み先一覧

■日本赤十字社
http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html
▽ ゆうちょ銀行・郵便局 00140-8-507 「日本赤十字社 東日本大震災義援金」
▽ 三井住友銀行 銀座支店 (普)8047670 日本赤十字社(ニホンセキジュウジシャ)
▽ 三菱東京UFJ銀行 東京公務部 (普)0028706 日本赤十字社(ニホンセキジュウジシャ)
▽ みずほ銀行 新橋中央支店 (普)2188729 日本赤十字社(ニホンセキジュウジシャ)
▽ ゆうちょ銀行 〇一九店(ゼロイチキュウ店) (当)0000507 金融機関コード9900 店番019

■青森県健康福祉政策課
http://www.pref.aomori.lg.jp/welfare/care/gienkin_annai.pdf
▽ 青森銀行県庁支店(普)3008317「青森県災害対策本部」
▽ みちのく銀行青森支店(普)2799091 「青森県災害対策本部」

■岩手県保健福祉企画室
http://www.pref.iwate.jp/~bousai/taioujoukyou/gienkin.htm
▽ ゆうちょ銀行00100-2-552「岩手県災害義援金募集委員会」 
▽ 岩手銀行 県庁支店(普)2016634
▽ 北日本銀行 本店営業部(普)7028484
▽ 東北銀行 本店営業部(普)3237413
▽ 盛岡信用金庫 本店(普)0354281

■宮城県社会福祉課
http://www.pref.miyagi.jp/kihu.htm
▽ ゆうちょ銀行 00170・0・526「宮城県災害対策本部」 
▽ 七十七銀行 県庁支店(普)5515581 
▽ 仙台銀行 本店(普)6979251

■福島県社会福祉課
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet;jsessionid=522AD46303BC03651E5E1334247A62DC?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=23642
▽ ゆうちょ銀行 00160・3・533「福島県災害対策本部」 
▽ 東邦銀行 県庁支店(普)1411045 
▽ 福島銀行 本店営業部(普)1247821 
▽ 大東銀行 福島支店(普)1470102

■茨城県災害復旧対策・復興事業義援金
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/soumu/zeimu/kifukin/indexsaigai.htm
▽ ゆうちょ銀行・郵便局 郵便振替 00140-2-638 「茨城県災害対策本部」 
▽ 常陽銀行 県庁支店 普通預金 1267220 
▽ 筑波銀行 県庁支店 普通預金 1091460 
▽ 東日本銀行 水戸支店 普通預金 598730

■長野県栄村役場
http://www.vill.sakae.nagano.jp/topics/oshirase_gienkin.html
▽ 北信州みゆき農協栄出張所(普)0006443 「栄村震災義援金」
▽ ゆうちょ銀行 00110−1−601
▽ ゆうちょ銀行(他の金融機関から振込)店名:〇一九 当座0000601

■千葉県防災危機管理監防災危機管理課
http://www.pref.chiba.lg.jp/bousai/20110318gien.html
▽ ゆうちょ銀行 00170-4-615 「千葉県災害対策本部」
▽ 千葉銀行 県庁支店 普通預金 3180455
▽ 千葉興業銀行 本店営業部 普通預金 1081531
▽ 京葉銀行 本店営業部 普通預金 4221411
▽ 千葉県信用農業協同組合連合会 本店 普通貯金 0007778
■栃木県災害対策本部事務局
http://www.pref.tochigi.lg.jp/kinkyu/gienkin.html
▽ ゆうちょ銀行 00100−2−626 「栃木県災害対策本部事務局」
▽ 足利銀行県庁内支店 普通預金 3293711
▽ 栃木銀行本店 普通預金 1024404

■新潟県 東北地方太平洋沖地震県民募金
http://www.pref.niigata.lg.jp/suitoukanri/1304281583938.html
▽ 第四銀行 県庁支店 普通預金口座 1291551「東北地方太平洋沖地震県民募金」
▽ 北越銀行 県庁支店 普通預金口座 2004430
▽ 大光銀行 新潟支店 普通預金口座 3040135
▽ 新潟信用金庫 出来島支店 普通預金口座 1029125

■山形県
http://www.pref.yamagata.jp/ou/somu/020020/03/fukkou/qanda-hisaitisien-bussi_gien.html
▽ 山形銀行県庁支店 普通3050041 「東北地方太平洋沖地震災害義援金」

7月16日、ルータイス×苫米地英人『東日本大震災チャリティイベント』は申込み多数のため、会場定員を大幅に増やした。追加申込み可能となった。

7月15日の衆議院国際会議場でのイベントに加えて、16日に、六本木ヒルズのグランドハイアットでチャリティー講演会を開催する。

以下、担当者から、

--
東日本大震災チャリティイベント
PX2 ルー・タイス×苫米地英人 講演会
〜子供の可能性を最大限に広げるための教育とは〜


申込者多数のため、会場を広くし、定員を大幅に増やしました!
応募希望の方はお早めにお申し込みください。

ただし、同時通訳機が不足する場合がございますので、あらかじめご了承ください。


4月より学校法人対象に無償化された、青少年のための能力開発プログラムPX2。

以前、4月に学校関係者向けに企画していたイベントが、東日本大震災後、延期となり、「東日本大震災チャリティイベント」として、学校関係者以外の方もご参加頂ける講演会となりました!

また、講演終了後、学校法人様向けに、PX2導入に関するご質問や個別のご相談を受け付ける「個別説明会」も開催します。

子どもに携わる全ての皆様に「子供の可能性を最大限に広げるための教育」について、PX2開発者であるルー・タイスとBWFジャパン代表理事である苫米地英人が講演いたします。

イベント詳細・お申込みHP :

http://www.bwfjapan.or.jp/110716/

以下、講演会概要です。

==============================
■講演会詳細
==============================

東日本大震災チャリティイベント
PX2 ルー・タイス×苫米地英人 講演会
〜子供の可能性を最大限に広げるための教育とは〜

日時 : 2011年7月16日(土)
      18:00〜19:30(講演会)
  19:30〜20:15(個別説明会)
     (受付開始17:30〜)

会場 : グランドハイアット東京 3 階 グランドボールルーム
MAP: http://tokyo.grand.hyatt.jp/hyatt/hotels/services/maps/index.jsp?icamp=propMapDirections

講師 : ルー・タイス  苫米地英人

定員: 申込者多数のため、会場を広くし、定員を大幅に増やしました。
     応募希望の方はお早めにお申し込みください。
     ただし、同時通訳機が不足する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

チケット代 :
本イベントは、東日本大震災のチャリティイベントとなっております。

被災地への義援金の振り込みをもって、参加が可能となっております。お振込み金額は任意です。

義援金の振り込みに関して、詳しくは、お申込みHPにて。

お申込みHP: http://www.bwfjapan.or.jp/110716/

==============================

7月15日『最先端のコーチング技術でつくる新生日本の未来志向マインド』 無料講演会、衆議院国際会議場、ルータイス・苫米地英人、先着100名

ルータイスが特別来日し、衆議院内国際会議場で無料講演会、私も話をする。

以下、担当者より
---

〜 学校法人の教職関係者向けPX2記念講演会のご案内 〜

『最先端のコーチング技術でつくる新生日本の未来志向マインド』

世界の子どもたちの教育の高度化を目的として、米国で著名な心理学者・教育学者たちにより開発された次世代教育プログラム『PX2』。

日本国内で学校法人における『PX2』の完全無償提供の実施を決定し、米国での多くの実績も評価され、震災復興を担う次世代リーダー育成を目的とした超党派による議員有志の会「新生日本の教育を考える有志の会」の推奨プログラムとして採用されることとなりました。

これを記念して、PX2プログラム開発者であるルー・タイスと代表理事の苫米地英人が、7月15日に各国の大使や国会議員の方々もお招きして、衆議院内国際会議場で特別講演会を開催します。

この講演会は、国公立、私立(小・中・高)の教職員と学校関係者の方限定となっております。その他の方で、参加ご希望の方は、事務局までお問合せください。

===================
■講演会詳細
===================

1.講演テーマ :『最先端のコーチング技術でつくる新生日本の未来志向マインド』
          ※同時通訳が付きます。

2.講師     :ルー・タイス  苫米地英人(解説)

3.日 時    :平成23年7月15日(金曜日)
           第1部16:30〜17:30 特別講演会
           第2部17:30〜18:30 学校関係者向け導入説明会

※15:30より、予約確認お済みの方の受付を開始いたします。

4.会 場    :〒100−8981 東京都千代田区永田町2−2−1
           衆議院国際会議場

5.「新生日本の教育を考える有志の会」

衆議院世話人 齋藤つよし衆議院議員
参議院世話人 藤末健三参議院議員

■参加申し込みに関して(先着100名様となります)

下記HPをご参照ください。

今回の講演会は、国公立、私立(小・中・高)の教職員と学校関係者の方限定となっておりますが、その他の方で、参加ご希望の方は、事務局までお問合せください。

※会場は衆議院構内ですので、入構証発行のため、申込み期日は、7月13日(水)15:00までとさせて頂きます。また、当日、パスポート、免許証などの公的身分証明証の呈示が必要となります。社員証などで代用を認められる場合もますので、その場合はあらかじめお問い合わせ下さい。

お申し込みHP: http://www.bwfjapan.or.jp/110715/

==============

明日、東京サイン会。7月8日(金)午後6時30分〜 西武池袋本店別館地下1階リブロ児童書前特設会場

東京での久々のサイン会は明日。

以下担当者から、

---------------------------
リブロ池袋本店
7月8日(金) 午後6時30分〜

『現代版 魔女の鉄槌』発売記念
 苫米地英人先生サイン会

※サイン会参加整理券は、本書をリブロ池袋本店でお買上げの先着100名様に配布致します。

整理券ご希望の方はリブロ池袋本店別館地下1階ビジネス書売場レジにてお買上げ時に係員にお申し付け下さい。なお、整理券はなくなり次第配布を終了致します。

※お電話による整理券のご予約は承っておりません。

●日時:7月8日(金)午後6時30分〜
●会場:西武池袋本店別館地下1階リブロ児童書前特設会場
●お問合せ:リブロ池袋本店 03-5949-2910

---------------------------

最新教材プログラム『ビジョナリー・コード 時空を超えた自分哲学の持ち方』  −空の世界から見える生きるための哲学メソッド− 本日発売開始

新プログラムがフォレストから本日発売開始、
 
以下、担当者から、
門外不出の本格プログラム。早期に売り切れの可能性があるので、希望者はお急ぎを、
 
---------------------------------
 
最新教材プログラム
 
 『ビジョナリー・コード 時空を超えた自分哲学の持ち方』
 −空の世界から見える生きるための哲学メソッド−
 (苫米地博士はなぜ、人生の行動指針が確立できてるのか?)
を本日から販売開始。
 
これは、
 
・今まで言ってこなかったもの、
・苫米地ワークスでも語っていない秘伝メソッド
 
を初めて明かす貴重なDVDプログラムとなります。
 
 
そんな苫米地英人博士の脳・哲学・知識・思考法を完全同期化する、
別次元の「自分哲学」構築化プログラム。
 
 
本プログラムでは特別に、
 
現状の自分を超越する世界をつくり出し、一生ブレない生き方、
ワンランク上の抽象思考(ビジョナリー・コード)を確立する、
 
「神の業」を初めて紹介します。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・自分がどういう生き方をしているのか?
・どんな哲学を持って生きているのか?
・一生ブレない生き方を確立する方法とは何か
 
を初めて語り、その実践トレーニングも伝授します。
DVDの中でも 「これができないといけませんよ」
と話しているように、ずっとやり続けてきた方法論でもあります。
 
それと同時に、
 
高次元の情報世界に入り、物事を高い次元で見ることができるので、
自然体で抽象度が上がり、IQも上がります。
この“永遠不変の知識”を知っておいてください。
今、その答えが明かされます。
 
▼ 詳細はこちら(視聴動画あり)
 『ビジョナリー・コード 時空を超えた自分哲学の持ち方』
 −空の世界から見える生きるための哲学メソッド−
 (苫米地博士はなぜ、人生の行動指針が確立できてるのか?)
※今なら特別価格&期間限定キャンペーン中
----------------------------------------------------------------
 

今月のワークスクラスは、7月23,24,30,31日。通常クラスに戻るが、クライシスサイコロジー併設カリキュラムも設ける

今月のドクター苫米地ワークスクラスは、7月23,24,30,31日。

ワークスクラスは、今年は更に高度な技術にもチャレンジしたいので、今月から通常カリキュラムに戻る。ただ、まだリクエストが続いているため、クライシス・サイコロジストのカリキュラムは希望者には併設で学べるようにするので、クラス初日にクライシスサイコロジストのプログラムを希望の人はその旨を受け付けで伝えればいいようにした。認定証も発行できるカリキュラムを並列で受けられるようにカリキュラムを工夫する。

東北地方からの大幅割引きもリクエストが続いているので継続する。実技中心のクラスにしたいので、ワークスDVDはできるだけ見終わってから参加して欲しい。ただ、前提知識のない、全くの未経験、初心者でも学べるカリキュラムにしてある。

通常クラスは、最低4日間の受講から受け付けている。また、6日間コースを修了した人で、希望者には、修了認定証を発行する。その場合は、今月の4日間と来月以降の任意の2日間を修了した段階で認定証を発行する。実技の習得が中心なので、可能であれば、6日間の参加を薦める。ワークスクラスのカリキュラム内容は、悪用される危険性があるので、守秘義務が果たされるのを事前に理解した人のみが参加できる。従って、クラス内容に対する事前の問い合わせも受け付けていない。私の著書やDVDなどを読んで、次のステップの技術を学びたいという人の参加を受け付けている。


クライシスサイコロジーについては、USTREAM http://www.ustream.tv/recorded/14451458 でも話した通り。これまでもコーチングなどの資格を国際資格認定機関の日本代表として認定をしてきたノウハウで、クライシス・サイコロジストのライセンス認定をする。私の署名入りの英文ライセンス証を出すので世界で堂々と使用してもらえる。また、過去の卒業生と合わせて不定期でフォローアップのトレーニングを計画している。

クライシスサイコロジスト認定を希望の方のクラスの日程も、今月の4日間と来月以降の任意の2日の6日間となる。

クライシスサイコロジーは、米国CDC(疾病予防管理センター)の定義をベースに、苫米地派の介入的手法をベースとしたマインドテクノロジーを利用して、今回の東日本大震災、原発事故などの直接、間接的な心理被害を介入的にマネージする技術を学び、カウンセラー、メンタルトレーナーとして実際に無償、有償で活動するライセンスを苫米地派から認定する。有償にするか無償にするかは、ライセンス認定者が自由に決めて良く、また、有償の場合も苫米地派に対するライセンス料の支払いは一切必要ない。ライセンス証の発行が必要な場合のみ実費となる。


また、東北地方からの参加者に限り、通常カリキュラム、クライシスサイコロジスト認定カリキュラム共に、受講料が7割引になる。これは、実際のクラス運営原価を大きく割る価格なので事実上の無償となる。東北地方からの参加者は、住所の確認等事前手続きが必要なので、本クラス専用アドレスの

drtomabechicrisis@gmail.com

に事前に問い合わせて欲しい。

今回の東日本大震災では、強い心理的トラウマを数千万人単位で受け、もちろん、現段階でも余震などで、IQが下がった無意識レベルでの不安の日々を多くの人が送っている。これは、本人が自覚していない場合も多く、まさにCDCが指摘する通り大きな社会リスクがある。

また、強い心理トラウマは、脳のトラウマとなり、将来のガンなどの発生確率から、原発事故の放射性物質そのものの被害よりも甚大な健康被害を広く日本人に及ぼすのではないかと推測される。これは、直接目に見えない形であり、現政権の今後の施策でも、経済的復興は期待できても、効果的な大規模トラウマに対する方策は期待できない。このような現状で、有償、無償で、周囲の脳と心に深く働きかけて、クライアントの本来の精神状態を回復するばかりではなく、更には、高度なコーチング技術におけるように、高いエフィカシーを維持できるような、介入的な心理手法を行使できる技術を伝授することにした。

ワークスクラス外で教えているいわゆるコーチングでは、非介入的な方法論を使うので、脳と心に直接介入的な操作を加えるような手法は用いない。今回の東日本大震災の心理被害は、かつて米国で、にわかにエリクソン派の介入的な手法が重要となったベトナム戦争時を遙かに凌ぐ規模の心理被害であり、通常のコーチングの枠組みを超えて、苫米地派が得意とする介入的な心理手法の技術を伝授する必要があると考えている。もちろん、高度な技術を、全くの未経験者にも学んでもらえるように、一日6時間から7時間程度フルに5日間に渡ってみっちり指導するインテンシブなクラスになる。私が直接指導するので、全くの初心者でも技術を習得できるまで、責任をもって指導する。


医師、弁護士、会計士、教師、聖職者を含むプロフェッショナル一般向けの介入的な脳と心の書換技術をライセンス行使する苫米地派の資格を認定する「苫米地英人研究所ライセンス認定クラス」は、今月も工夫して同時開講するので、広く資格を得たい方は、そちらのクラスを受講して欲しい。両方のクラスを同時受講することもカリキュラム上可能としている。これは、通常クラスの修了証明書とは全く異なり、私の名前で、内部表現書換技術を行使することを全世界に私がレファレンスになるというクラスで、レベルが異なる認定である。

本クラス申し込みアドレスと、「苫米地英人研究所ライセンス認定クラス」は今までと同じ。

dr.tomabechi.works@gmail.com

に、氏名/年齢/住所/TEL、履歴の入った自己紹介、志望動機を書いて、メールタイトルを 「ライセンス認定クラス合同クラス問い合わせ」として、お申し込みを。東北地方からの参加者もこのアドレスに参加申し込みをした上で、割引資格の確認を、

drtomabechicrisis@gmail.com

にして欲しい。

受付担当はクラス内容の知識はないので、クラス内容についてのご質問は受け付けていない。私が責任をもって指導するという言葉で内容は私に任せてくれる人のみに参加して欲しい。


お申し込み参加者には、定員などの理由でお断りする場合以外は個別にご連絡していないので、受講料をお振込みの上、直接クラスにお越しを。


上記申し込みアドレスから返信が届かない場合、並びに、東北地方からの参加者で割引希望の方は、

drtomabechicrisis@gmail.com

に、ご連絡を。

ワークスクラスの内容には、書籍には書くことのできない技術が含まれるので、参加者全員に守秘義務が果たされる。

合同開催される『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』は、全世界で通用するライセンスを発行するクラス。海外からのレファレンスも私が直接対応し、全世界で仕事ができる。ライセンス認定クラスの最初の8日間は本クラスと通常のワークスクラスと合同開催となる。また、ライセンス取得者は、専用の特別プログラムを有料で自ら教授する資格も得ることができる。更に、この資格認定者のみ参加資格が得られる私も参加する海外実習ツアーなどがある。

このクラスの受講者で、同時にクライシスサイコロジスト資格も必要な方は、別途上記のアドレスで二日間の追加有料申し込みが必要になる。


ワークスクラスは基本的に毎月最後の土日四回を使って開かれている。8月以降の予定は、8月20,21,27,28日、9月17,18,24,25日、10月22,23,30,31日、11月19,20,26,27日。私の出張などで日程が変更になることもある。


追記、

また、よく質問を受けるが、「苫米地コーチング」は、これらのクラスとは異なる。これは、私が個別に個人コーチングをしながら、同時に、コーチングを教えるもの。従って、上記のそれぞれのクラスとは異なる。コーチングの問い合わせがもしあれば、上記アドレスに質問してもらうのは構わない。

苫米地英人・中村うさぎ・くらたま7月28日トークショー@紀伊国屋

以下、担当から
 
---
トークショーのお知らせ
『騙されない生き方』の発売を記念して、苫米地英人・中村うさぎ 両先生のトークショーを、特別ゲストに倉田真由美さんを迎えて行ないます。
 
 ●日時    2011年7月28日(木)19:00開演
 
 
●テーマ  「恋の法則、脳の不思議」
なぜ、私たちは、恋に盲目になり、欲望の罠にハマるのか? 
ヒトの心と脳の不思議を語り尽くす!
 
 
●会場    紀伊國屋サザンシアター(紀伊國屋書店 新宿南店7階)
 
 
●料金    1,000円(全席指定・税込)
 
 
●チケット取り扱い 紀伊國屋サザンシアター、キノチケットカウンター
 
 
●電話予約・お問い合わせ 紀伊國屋サザンシアター(TEL. 03-5361-3321
*終演後、苫米地英人氏、中村うさぎ氏によるサイン会を行ないます。
※当日会場にて対象書籍をご購入いただいた先着200名様。
*チケットが売り切れる恐れがあります。お早めにお求めください。
【紀伊國屋書店ホームページ】 
 
 
 

livedoor プロフィール
苫米地英人公式サイト
http://www.hidetotomabechi.com/


Facebook

BWFインターナショナル
各地のPX2セミナー情報
http://bwf.or.jp/

TPIジャパン
TPIEディプロマクラス
http://www.tpijapan.org//

TICEコーチング
http://www.ticecoach.org/

苫米地式コーチング公式サイト
http://tomabechicoaching.jp/

コグニティブリサーチラボ
http://www.crl.co.jp/

公式オリジナル電子書籍
電子書籍のリストは、

http://www.hidetotomabechi.com/category/dbook/


上記にない最新のコグニティブリサーチラボ刊行の電子書籍は以下、

http://www.crl.co.jp/books.html


サイゾー刊行の電子書籍は、以下のサイゾー->メディア事業->電子書籍

http://cyzo.co.jp/

携帯からはQRコードで
QRコード
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
ロシアテレビ局
出演インタビュー
Interview
Russian TV Station
≪В. Гости≫
Хидето Томабэчи.
1df6d75f.jpg


1df6d75f.jpg

1df6d75f.jpg

0f4bfebc.jpg

0dace6fd.jpg
無料メルマガ登録
人生が変わる!
ドクター苫米地の
7日間動画コーチング
メールアドレス:
3月のクラブ苫米地
CLUB TOMABECHI
3月も興味深い話題が続々と登場!
バーチャルコーチングサイト「クラブ苫米地」 http://www.club-tomabechi.com/ 会員募集中!
ニコ動苫米地英人ブロマガ
献金サイト
『日本買収計画』(サイゾー刊) http://amzn.to/Zsx1CUなどで展開している政策実現のための献金サイトが出来た。詳しくは、『日本買収計画』を、是非読んで欲しい。国民ひとりコーヒー一杯分で日本を国民の手に取り戻す。国民がインターネットで重要政策に直前投票出来る国民国会の設立など。一口300円から受け付けてる。上限は一人年間150万円。年間2,000円を超える寄附は所定の手続きにより所得控除を受けることができる。リクエストが多かったゆうちょ銀行対応

http://www.hidetotomabechi.net/

Уравнение, осуществляющее мечты Хидэто Томабэчи
ワークス公式DVD発売中

“第15弾DVD 超時空中密サマージャと超次元オルデン抽象コード"

“第14弾DVD サトリ超次元空間クライミングと抽象度ポテンシャル脱抑制の秘伝"

“第13弾DVD グランドクロスブッダの階梯"

“第12弾DVD 超次元ゲシュタルト構築の奥義"

“第11弾DVD 21世紀の密教実践"

“第10弾DVD 超情報場高次ムドラーとグローバルタントラの包摂"

“第9弾DVD 超越視点の獲得と覚醒"

第8弾DVD 縁起の実践とアプリオリの超越

第7弾DVD 自在観時空マニフォールドと空なる視点の構築

第6弾DVD 空の包摂:西洋汎神と東洋縁起と中観

第5弾DVD 仮空中と超越

第4弾DVD 人類の進化と超情報場

第3弾DVD 現実からの覚醒

第2弾DVD 空の理解と体得

第1弾DVD 超情報場仮説

ワークス参加者必須DVD

ドクター苫米地ワークス
「超情報場仮説」
全てのDVDの基本知識!ワークス参加者も必須!!
http://www.maxpec.net/dvd1/
アマゾンキャンペーン
苫米地英人Page
Twitterフォローはこちら
Twitter: @DrTomabechi
原稿執筆、講演、講義、
取材等の依頼は、
tomabechi.pr@gmail.com


苫米地英人ケータイ公式:
http://dr-tomabechi.jp/
PCからは、http://www.forestpub.co.jp/mobile_dr/

最強の英語脳プログラム「ブレインラーニング」

自信作新iPhoneアプリ
「夢が勝手にかなう手帳 for iPhone」

会員限定バーチャルコーチングサイト「Club Tomabechi」:
http://www.club-tomabechi.com/



ドクター苫米地ワークスクラス随時募集


全くの初心者でも学べるカリキュラム。
勿論上級者にも内容は濃い。
毎月一回のペース。
日程はブログに案内。

私の出張などで日程が変更になることもある。都合が合わず出られない日は、翌月以降の参加で構わない。クラスは、通常の『ドクター苫米地ワークスクラス』3日コースと5日コース、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』、『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』の各クラス。下記をよく読んでからクラスをお選びを。

クラスは13時から20時半。最初の3,4時間は各分野で経験豊かな師範代による講義と実技。その後私の直接指導による講義と実技。内部表現書き換えは、スポーツや武術のように、実技を徹底して練習することで上手くなる。実技時間を長くするために、基本講義をDVDにしてあるので、ワークスDVDを見てから参加して欲しい。基礎理論のワークスDVDのサイトは http://www.maxpec.net/dvd1/index.html 。また、DVDの内容もクラスでしっかり解説するので、DVDが良く分からない人でも参加して大丈夫。 ワークスDVDの視聴は必須ではないが、クラス参加後になっても、最低でも第一弾と第二弾を見て、理論をしっかり理解して欲しい。最近顕著に初心者に教えるノウハウも進化している。また、最近内容が更に進化しているので、過去の卒業生にも是非再受講を勧める。

shihandai3 ワークスクラスは、無意識レベルの対人技術を徹底的に学ぶ。臨床心理系の人にも有用。

統合内部表現の書換えを技術を指導する。更に空手、合気道、柔道、中国拳法などの師範で、古武術の鍛錬を積んだ師範代達による非言語内部表現の書換を指導する。もちろん、安全な環境での実技指導であり、女性や高齢者でも全く問題はない。総合医療的なアプローチに加えて、東洋医学的な医療気功と古武術の関係についても探求する。

Kickもちろん、特別テーマに合わせて、通常のドクター苫米地ワークスプログラムである苫米地流のあらゆる内部表現の書換技術も習得する。

クラスでは、書籍に出来ない技術を教えるので守秘義務が果たされる。


全てのクラスは、医師、歯科医師、臨床心理士、看護士、鍼灸師など広く臨床家にも有用なクラスになる。もちろんコーチングの実践者や弁護士、会計士などのプロフェッショナルにも有用。また、教育関係者にも有用だ。参加資格は特に限定していない。個別に判断して参加をお断りするケースはある。医師、歯科医師、針灸師などの医療系国家資格取得者は更に、併設するドクター苫米地ワークスメディカルコミュニティにメンバー参加することができる。臨床心理士も参加可能。

各日の予定講習時間が13時から20時半。これまでのカリキュラム設計から推測して、各日の進捗状況によっては終了が22時ぐらいになることがあり得るので、地方からの参加者はご注意を。終電の都合などのやむを得ない理由の早退はクラス初日に開始日に申告があれば認められる。カリキュラムを各生徒のレベルと進捗に合わせて随時設計、修正するので、クラス初日に申告のない遅刻、早退は一切認められない。クラス中の体調不良による早退については、常に複数の医師が参加しているので、状況での判断となる。

遅刻の場合、ならびに体調が万全でない場合は、欠席して、後の日程に参加のこと。欠席日は、6ヶ月以内の任意のクラス日程、または、補習日程に参加することができる。クラスは『ドクター苫米地ワークスクラス』3日コースと5日コース、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』、
『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』の各クラス。

ドクター苫米地ワークスクラス、3日または5日の通常カリキュラムに加えて、長期記憶に介入するトラウマ介入の技術や、より高度な臨床認知心理技法を学ぶライセンスクラス、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』カリキュラム。VMPFC (ventromedial prefrontal cortex、前頭前野腹内側部)とDLPFC (dorsolateral prefrontal cortex、前頭前野背外側部)に働きかける認知心理技法の専門家を育てるクラス。不安やクライシス時心理、トラウマ、依存などのテーマも含まれる。また、いわゆる『脱洗脳』の技術も学ぶ。クライシスサイコロジーも含まれる。


また『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』はさらに汎用な上級クラス。これは内弟子に相当する位置づけ。内部表現書き換えなどのスキルと私の代わりにクラスを教える資質が確認された時点でのみ資格が授与される。

私のクラスで教える技術は、公開していない深く内部表現を書き換える技術が含まれており、参加者全員に厳しい守秘義務を果たしている。また、クラス内容に関する問い合わせにも一切答えていない。

最終日には、機能音源と生演奏による大周天気功法も行なう予定。これは、カリキュラムの進捗ではやらない場合もある。

ドクター苫米地ワークスクラスのお問い合わせは、以下のメールアドレスへ。gmailからのメール返信がスパムフィルターされることがあるのでご注意を。

dr.tomabechi.works@gmail.com

に、氏名/年齢/住所/TEL、履歴の入った自己紹介、志望動機を書いて、メールタイトルを 「ライセンス認定クラス合同クラス問い合わせ」として、お問い合わせを。ただクラス内容についてのお問い合わせは受付けていない。このブログ並びにドクター苫米地ワークスDVDの内容からご判断を。延べ1500人を超える医療系並びに一般参加者の両方から内容については常に高評価を受けている。ワークスクラスの内容には、書籍には書くことのできない技術が含まれるので、参加者全員に守秘義務が果たされることを事前に了承したひとのみお問い合わせを。

実技中心のクラスなので、ワークスDVDは第4作まで見終わってから参加して欲しい。ただ、間に合わない場合も、前提知識のない、全くの未経験、初心者でも学べるカリキュラムにしてある。ワークスDVDのサイトは、 http://www.maxpec.net/

VMDLコグニティブセラピストライセンスクラスでカバーするクライシスサイコロジーについては、USTREAM http://www.ustream.tv/recorded/14451458 でも話した通り。ただ、震災から長く経ち、トラウマ記憶が既に長期記憶化してる場合が多く、VMDLコグニティブセラピストライセンスクラスは、長期記憶を防ぐ介入的方法と、長期記憶化されてしまったトラウマ記憶に介入的に働きかける両方の方法を学ぶ。

クライシスサイコロジーの定義は、米国CDC(疾病予防管理センター)に定義がある。

医師、弁護士、会計士、教師、聖職者を含むプロフェッショナル一般向けの介入的な脳と心の書換技術をライセンス行使する苫米地派の資格を認定する「苫米地英人研究所ライセンス認定クラス」は、今月も同時開講するので、広く資格を得たい方は、そちらのクラスを受講して欲しい。両方のクラスを同時受講することもカリキュラム上可能としている。私の名前で、内部表現書換技術を行使することを全世界に私がレファレンスになるというクラスで、レベルが異なる認定である。

本クラス申し込みアドレスと、「苫米地英人研究所ライセンス認定クラス」は今までと同じ。

dr.tomabechi.works@gmail.com

に、氏名/年齢/住所/TEL、履歴の入った自己紹介、志望動機を書いて、メールタイトルを 「ライセンス認定クラス合同クラス問い合わせ」として、お申し込みを。


受付担当はクラス内容の知識はないので、クラス内容についてのご質問は受け付けていない。私が責任をもって指導するという言葉で内容は私に任せてくれる人のみに参加して欲しい。



ワークスクラスの内容には、書籍には書くことのできない技術が含まれるので、参加者全員に守秘義務が果たされる。

『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』と『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』は、全世界で通用するライセンスを発行するクラス。海外からのレファレンスも私が直接対応し、全世界で仕事ができる。また、『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』ライセンス取得者は、専用の特別プログラムを有料で自ら教授する資格も得ることができる。



追記、

また、よく質問を受けるが、「苫米地コーチング」は、これらのクラスとは異なる。これは、私が個別に個人コーチングをしながら、同時に、コーチングを教えてコーチングの資格を認定するもの。従って、上記のそれぞれのクラスとは異なる。



人気動画:

博士の自由な対談約1時間50分



ニコ動e国政対談約2時間


Tech総研インタビュー


・コグニティブリサーチラボのiPhone・ipod touchアプリ「花札こいこい」は http://www.crl.co.jp/iphone/koikoi

『望む未来を本当に実現する脳と心のプログラム』発売中全て私の声で吹き込んである。CD2枚組版とダウンロード版がある。音学.comのページからダウンロードできる。





Dr. Hideto Tomabechi can be
contacted in English at:
tomabechi.pr@gmail.com



フォレスト出版から『英語脳』DVDが発売中。
購入は以下のサイトか全国の書店で出来る。

http://www.forestpub.co.jp/eigo7/


特にアクセスが多い記事↓↓ 

イエス・キリストを理解してない人たちへ、-(仏陀を理解していない人たちも)


『世界金融危機について』


空の分析哲学定義日本語版
苫米地英人



Defining "Emptiness"



・苫米地英人率いるコグニティブリサーチラボのプログラミング技術が味わえるiPhoneアプリ「花札こいこい」は http://www.crl.co.jp/iphone/koikoi

・会員限定バーチャルコーチングサイト「Club Tomabechi」
入会申し込み受付中
 http://www.club-tomabechi.com/
ギャラリー
  • 帰国した。早速、成田空港からヘリで移動
  • 帰国した。早速、成田空港からヘリで移動
  • 帰国した。早速、成田空港からヘリで移動
  • 「夢が勝手にかなう手帳」の先行販売が開始された
  • ニューヨークのRudy's で鳴りのいいギターを手に入れた
  • ニューヨークのRudy's で鳴りのいいギターを手に入れた
ブログ内の記事検索
Archives
Recent Entries
Archives
トラックバックされる時は、当ブログの該当記事をリンク付で紹介してください。アダルト関連のTBはお断りします。
Twitterたっぷり