ドクター苫米地ブログ − Dr. Hideto Tomabechi Official Weblog

苫米地英人博士のオフィシャルブログ --- Dr. Hideto Tomabechi's functional ringtone was featured in Discovery Channel. He heads Dr. Tomabechi Works. He also is an Adjuct Fellow at CyLab, Carnegie Mellon University.

2011年03月

新刊『超訳般若心経』(学研刊)アマゾンキャンペーン開始

de85292a.jpg新刊書『一生幸福になる超訳般若心経』(学習研究社刊)のアマゾンキャンペーンが開始した。

般若心経を添削した。初めての試みだと思う。より空のお経になった。

アマゾンキャンペーンの詳細は、

http://www.maxpec.com

キャンペーン開始前の購入も有効。

----
新作DVD発売中
http://www.maxpec.net/tomabechi_dvd/

苫米地英人ケータイ公式サイト http://dr-tomabechi.jp/

ブログ http://www.tomabechi.jp/

ツィッター http://twitter.jp/drtomabechi/

夢が勝手にかなう手帳 for iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id413223683?mt=8

クラブ苫米地 http://www.club-tomabechi.jp

Facebook http://Facebook.com/drtomabechi

計画停電地域に対して夏需要ピークまでに60Hz送電の開始を政府策定し、知事候補は東京の60Hz化を宣言すべき

現在、計画停電で首都圏住民は不便を強いられている。50Hz地域の国民の節電努力によって現況では計画停電はかなり避けられているが、この夏の電力需要のピークでは、1,000万キロワットレベルの電力不足が首都圏で予想され大規模な計画停電が避けられない見込みである。

また、不便という話を超えて、これだけ大規模な電気不足が国民経済に及ぼしている悪影響ははかり知れない。

ここで、政権に以下を提案する。

夏の需要ピークまでに、首都圏の計画停電を予定している地域への送電を、60Hzで開始する。 中期的には、日本全国の電気を60Hzで統一する。

これは、電力会社側の作業のみでまかなえる。関西電力などの60Hz発電所から、首都圏の計画停電予定地域にそのまま送電するだけである。

夏の需要ピークまで3ヶ月以上あり、今から準備すれば、東京電力や東北電力の発電施設の復旧を待つよりもはるかに現実的である。特に、福島第一、第二原発は、今後も再発電はあり得ないと見込まれるので、1,000万キロワットオーダの失った電力を東電の枠組のみで3ヶ月で回復するのを期待するのは現実的ではない。

現在売られている家電機器は大体「ヘルツフリー」(50/60Hz両対応)である。つまり、首都圏の家電機器も60Hzでも対応可能である。もしも古い家電機器で50Hz専用のものがある家庭があったとして、真夏にエアコンも扇風機も冷蔵庫も動かなくなる停電よりは、ヘルツフリー機種への買換えを選ぶだろう。もちろん、その購入費は、税金から全額控除するなどすれば、買換で消費を喚起することはあっても、不便は少ないはずだ。もちろん、国か地方公共団体が、60Hzに変更する地域に購入チケットを配るなどしてもいいだろう。私自身は、日立、東芝などの福島第一原発を作った企業に、60Hz変更地域の家庭に対して、ヘルツフリー家電を旧式の家電機器と交換するように国民が協力依頼すればいいと思う。もちろん、松下やシャープなどの原発事故と関係ない企業も、これだけの非常事態であるから、協力してくれるだろう。そして順次、東京電力の配電地域を全て60Hzにしてしまうのがいいだろう。これから福島第一、第二に代わる発電設備を建設していくのも、最初から60Hzでやればいい。

また、原理的に言って、50Hz地域の東京で60Hzを流すことのリスクは低い。家電機器で周波数依存が考えられるのは電子レンジぐらいだが、現実には現在売られている電子レンジは、ほぼヘルツフリーであるし、電子レンジは1万円程度の価格なので、60Hz移行地域の電気料を一律1万円割引するなどの施策でもいいのではないか。また、ヘルツフリーでない電子レンジを継続して使ってしまった場合も、加熱がうまく出来ないだけで、火災などのリスクはない。

少なくとも、エアコン、扇風機、エレベーターが止まった熱暑を毎日何時間も過ごすことになるよりは、遙かにいい。

ただ、工場などでは50Hz依存の産業機器や工作機器が多数存在していることが考えられるので、こういった地域への50Hz伝送は短期的には当面確保し、60Hzへの移行の税制上の優遇措置や補助金などで、中期的には機器の60Hz移行を進めるべきであろう。住宅地域での60Hz移行の問題はほぼないと考えられるので、都内の住宅密集地域から60Hz化を進めていくという施策も考えられる。

恐らく、変電設備がどうのとか、色々な言い訳をして抵抗するのは、電力会社各社だろう。例えば、私の著書に書いたことがあるが、米グーグルそのものや、日本のメガバンクのデータなどを預かっている米巨大サーバーホスティング企業などは、カナダ国境近くの二つの水力発電所の中間地点に巨大サーバーセンターを置いている。アメリカでは発電所毎に電気代を決められるので、二つの水力発電所の安い方から電気を買っているのだ。もちろん、二つの発電所から供給を受けることで、有事の際のリスクを減らす意味もある。

これは、東京電力と関西電力の周波数が同じになれば、トヨタなどの企業が、東電と関電のより電気料金の安い方から電気を購入できることになる。つまり、自由競争の原理で電気代が下がる。国民にとっては歓迎すべきことであるし、アメリカなどでは、これがあたり前だが、利権国家の日本では、これに真っ先に電力会社経営陣とその息のかかった御用政治家達が反対するだろう。あれだけ、問題だらけだった原発の安全基準の違反を違法とする法律さえもが立法できなかった日本だ。御用学者達も同様なことを言うかも知れない。

明治時代に東京と関西で、ドイツ型とアメリカ型で発電機が違ったからなどという子供だましの理由で、いまだに、一つの国で二つの周波数を分けているのは日本ぐらいだ。大きなナショナルリスクであるのは今回証明された。それなのに続けられているのは、大手電力会社どうしが自由競争をしないで、電力価格を高く維持できるからだ。もちろん、電力会社はテレビなどの世論をつくるメディア企業の大手スポンサーであり、各政党のスポンサーであるので放っておいても変わらない。

事実、現在首都圏民が計画停電を強いられているのは、冬のピークと夏のピークの間の電力需要が低いこの時期、東京電力が、火力発電所を定期点検名目で休止し、その間、不足電力を東北電力から安く買い、高く東京都民に売ることで利ザヤを稼いでいたからだ。消費者は直接東北電力からは買えない。それが東北電力からの送電が止まり、福島第一、第二原発が止まったから東電の電力が不足になった。それなら、火力発電所の検査などは、すぐにやめてもリスクはないのだから、休止をやめてフル稼働をすればいいのだが、恐らくコストがかかり経営を圧迫するために、首都圏民に節電と計画停電を強いている。

このような利潤最優先の電力会社が、電力の購入先の自由化に結びつくような、日本全国の周波数統一には、強く抵抗することが容易に予想される。だからといって国民に、節電や計画停電を長期間強いるのは、本末転倒である。国民の投票行動で示すのがいい。例えば、今回の東京都知事選で、東京の電源周波数を60Hzにすると宣言する候補に投票するというのはどうか。

また、地元の国会議員にも、皆さんが日本全国の電源周波数を60Hzに統一せよと強く働きかけ、選挙での投票行動でその意志を示して欲しい。日本国の電源周波数を決めるのは電力会社経営者ではなく、国民だ。

民主党政権は、国民に約束したように、このような自民党時代の悪しき利権は裁ち切り、電力価格にも自由競争の原理を導入し、もちろん、この夏の停電は徹底的に避けるべきである。

4月8日「龍華会日本復興再生ライブ」予定通り開催

d521f9b7.jpg4月8日のスペシャルライブは今年も予定通り開催する。釈迦の生誕日は、龍華会とも言う。節電のためにアンプの台数は減らし、出力も下げて演奏するが、機能音源の効果は維持されるように音源を再設計、構築中。

もちろん、シリアル一桁台の超レアヴィンテージ真空管アンプとヴィンテージシグナチュアギターを惜しみなく投入するので、音質は変わらない。

また、DVD購入者の無料招待は変わらないが、一般有料入場を出来るようにして、収益は復興支援に全額寄付する。また、無料招待のひとも、希望するひとは当日受付で寄付することも出来る。

予定通り、本格的な大周天、チャクラ音源、IQアップ音源を生演奏する。また、震災体験を乗り越える、空観をしっかりと体験できるプログラムを構築している。再生日本の構築に間違いなく貢献できるライブにするので、皆さんも、目撃、体験に是非参加して欲しい。


「龍華会日本復興再生ライブ」

日時:2011年4月8日(金)
場所:GUILTY LIVE STAGE
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-17-6 プロスペクトB1階
TEL:03-3770-1130
地図:http://www.guilty.ne.jp/access.html

《主演》苫米地 英人
《Live》MEMI /やうこ
《Guest Live》CUTT(ギター)/ジミー(ギター)/藤川 清(ジャンベ)

一般入場料:30,000円 *1ドリンク(500円)別
開場:18:30 開演:19:00 終演:21:10

※収益は全額復興支援に寄付します。


写真のGibson SGダブルネックは、CUTTが演奏予定。私は、ヴィンテージのPRSシグナチュアの予定。



----
新作DVD発売中
http://www.maxpec.net/tomabechi_dvd/

苫米地英人ケータイ公式サイト http://dr-tomabechi.jp/

ブログ http://www.tomabechi.jp/

ツィッター http://twitter.jp/drtomabechi/

夢が勝手にかなう手帳 for iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id413223683?mt=8

クラブ苫米地 http://www.club-tomabechi.jp

Facebook http://Facebook.com/drtomabechi

氏家斉一郎会長の冥福を祈ります

民放連の氏家斉一郎会長のご冥福をお祈り致します。

キューバ支援などでお世話になった。

私のヘリコプターは既に救援活動に提供しています

ツィッターなどに、災害支援に私のヘリコプターを提供したらどうかという趣旨の書き込みが頻繁に来ているので、本来アナウンスする話ではないのですが、誤解のないようここにまとめて返答します。

私自身は3月11日の地震当日にヘリ運行会社を通じて、私の自家用ヘリの災害救援活動への全時間提供を申し出ました。結果、全国自家用ヘリコプター協議会並びに災害医療航空支援基金を通じて私のヘリは、既に災害支援にフルタイムで提供済みです。行政の規制等がありヘリ本体の義援活動が開始したのは3月25日からとなったとのことだけど。

また、ヘリコプターの燃料も高額なので、燃料費も寄付しています。週末にもドラム缶10本分の燃料購入費を寄付しました。全国自家用ヘリコプター協議会では、パイロットもボランティアで、災害支援作業にあたっています。

自家用ヘリコプターは、自衛隊のヘリコプターのように大型ではないため、一度に運べる物資は限られますが、小回りがきき、離着陸も制約が少ないので、今後も救援復興作業に貢献できると考えており、継続的に私のヘリのフルタイム提供と燃料費の寄付を続けます。

----
新作DVD発売中
http://www.maxpec.net/tomabechi_dvd/

苫米地英人ケータイ公式サイト http://dr-tomabechi.jp/

ブログ http://www.tomabechi.jp/

ツィッター http://twitter.jp/drtomabechi/

夢が勝手にかなう手帳 for iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id413223683?mt=8

クラブ苫米地 http://www.club-tomabechi.jp

Facebook http://Facebook.com/drtomabechi

『超情報場仮説』DVD、今週発送

DVD『超情報場仮説〜ハイパーヒーリングとゴール現実化〜』 は地震の影響で発送が中断したものの、今週から購入順で順次届くそうだ。4月8日のライブも予定通り開催。節電の為、アンプの台数を減らし、出力も下げる予定だが、効果は維持されるように設計している。


----
新作DVD発売中
http://www.maxpec.net/tomabechi_dvd/

苫米地英人ケータイ公式サイト http://dr-tomabechi.jp/

ブログ http://www.tomabechi.jp/

ツィッター http://twitter.jp/drtomabechi/

夢が勝手にかなう手帳 for iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id413223683?mt=8

クラブ苫米地 http://www.club-tomabechi.jp

Facebook http://Facebook.com/drtomabechi

そろそろ首都圏の皆さんはIQを元に戻そう

都内ではようやく余震を感じる頻度が下がってきた。何日か前までは1時間に一度ぐらいは揺れを感じ、「地震酔い」とでも言うのだろうか、一日中ゆらゆらした感覚だった。北海道までの泊まりがけフェリーに乗った後のような感覚。同じような感覚を経験していひとは多いだろう。今でもそういう感覚のひともかなりいるだろう。

そのような状態では意識レベルでは、実際に揺れてる時に、大丈夫かなと考える程度でも、無意識レベルでは、「311体験」とでも呼べばいいのか、3月11日に体験した強い揺れ下での体験がよみがえっている。さらに言えば、一日のうち何度も揺れを感じていると、無意識レベルでは、24時間ずっと揺れを感じているかのような、不安やストレスが続いていることになる。

私の知人の話では、都心のオフィスの同僚で、空の雲が動いているのを見ただけで、地震と勘違いして倒れた人が数人いたそうだ。被害のあった東北地方は言うまでもなく、物理的被害は最小限であった首都圏でも、311体験そのものと、再三繰り返される被災地の映像、頻繁な余震、そして原発関連報道で、このような精神的被害は継続している。

これは、中期的には自律神経系での不調を感じる人が大量に出る、もしくは出ていることが想定され、長期的には、数千万人規模でのPTSD問題が今後予想されるということで、心理臨床家はもとより、コーチや教師などの役割もますます重要になってくる。

ここからは、現在の話をする。

現在まで続いてきたような、311体験に続き、継続的に頻度の高い揺れを感じている状況下では、上に述べたように、無意識は24時間常に不安やストレスを感じていることになる。コーチング用語で言えばコンフォートゾーンから外れている。

コンフォートゾーンから外れている時の問題は色々な著書に書いたが、ひとつ顕著なのはIQが下がることだ。だから、トイレットペーパーの買い占めに走ったり、放射性物質の問題で冷静さを書いた行動を取る。福島のほうれん草は安全だと書いた私の記事に対しても、ヒステリックな攻撃が何の論拠もなくTwitterなどで来ている。

これは、知的作業が仕事であるはずのマスコミや、知識人でも同じで、首都圏在住者のIQは顕著に下がっている。原発問題に関するテレビの討論会を昨夜少し見たが、参加者全員のIQが明らかに下がっている。何人かは知人なので断言できる。

例えば、こんな状況で都知事選をするのは危険だ。IQの下がった状況で、情動だけで、先進国一カ国分ぐらいの経済規模の東京を動かす人物が選ばれてしまう。また、政治や経済にしても中枢機能がゴリラのような頭で運用されるということである。たちの悪いのは、昨夜の討論会参加者たちのように、自身のIQが下がっていることに本人は自覚がないことだ。

現在、首都圏在住者3000万人が、IQが下がった状態にある。これを一人一人自覚して、いつも以上に冷静になり、熟考した上で、何事も決めて欲しい。何か行動をする時や、判断をする時は、まず一度大きく深呼吸して、ゆっくり息を吐き出しながら体を緩めて、リラックスと冷静を作ってからするといいだろう。

自分の著書で申し訳ないが、「コンフォートゾーンの作り方」(フォレスト出版)などを参考にして、IQを早急に元に戻して欲しい。


----
新作DVD発売中
http://www.maxpec.net/tomabechi_dvd/

苫米地英人ケータイ公式サイト http://dr-tomabechi.jp/

ブログ http://www.tomabechi.jp/

ツィッター http://twitter.jp/drtomabechi/

夢が勝手にかなう手帳 for iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id413223683?mt=8

クラブ苫米地 http://www.club-tomabechi.jp

Facebook http://Facebook.com/drtomabechi

新刊『Dr.苫米地の脱洗脳禁煙術』は一部大手書店で既に購入可能

9c01f24e.jpg
bc39bc3d.jpg
新刊書『Dr.苫米地の脱洗脳禁煙術』(WAVE出版)は正式発売は4月1日だが、一部大手書店では既に店頭に並んでいるそうだ。30日から震災の影響でタバコは出荷中止だそうなので、禁煙してしまえばどうか。

また、非喫煙者にも有用な情報を色々入れた。

ほうれん草は洗って食べれば大丈夫。飼料を屋内保管すれば牛乳も大丈夫。

文部科学省のヨウ素131、セシウム137の線量データ http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1304006.htm などのデータを、追って読んで来たが、ほうれん草や牛乳で基準値を超えるヨウ素131の量を超えて検出されたのは、土壌が汚染されて、それがほうれん草に蓄積されたものではないと読める。つまり、ほうれん草のヨウ素131 は、チリに付着して大気中に漂ってほうれん草の葉に直接付着したものである。同様に牛乳の場合は牛が食べた飼料が外気に直接触れて保管されていたものを食べたためと理解できる。

従って政府は、国民には福島のほうれん草は洗って食べれば安全。酪農家には、飼料を外気が直接触れない小屋などに保管するように行政指導すれば問題は解決するはずだ。念のため、牛が外気を直接吸い込まないように牛舎の窓、扉は常に閉めておくように指導することも必要だ。

また、今後、野菜の放射性物質の測定の場合は、洗う前の量と洗った後の量を測定して公開するといいだろう。


----
新作DVD発売中
http://www.maxpec.net/tomabechi_dvd/

苫米地英人ケータイ公式サイト http://dr-tomabechi.jp/

ブログ http://www.tomabechi.jp/

ツィッター http://twitter.jp/drtomabechi/

夢が勝手にかなう手帳 for iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id413223683?mt=8

クラブ苫米地 http://www.club-tomabechi.jp

Facebook http://Facebook.com/drtomabechi

総務大臣にはアナログ波停波の無期延期をアナウンスして欲しい

地上デジタルの7月移行は、予想していた通り、全国での受像器のデジタルへの移行が予定通り進んでいないために、延期される見込みのようだが、今回の震災で東北地方の地上デジタルへの移行はあり得ないと断言できる。

この機会にデジタル放送への完全移行が本当に必要かを見直す意味でも、政府は地上デジタルへの移行を一度白紙に戻して欲しい。地上デジタルへの完全移行をすべきでない理由は以下、

1.地上デジタル放送では東京地域では約2秒、その他の地域では約3秒の遅れがある。これは、今後1年は余震が続くと想定される現実下、地震速報が実際の地震の後に来るという大きな社会的なリスクとなる。私自身、東京で「まもなく地震が来ます」というテレビの緊急アナウンスが揺れの後に来た体験をしたのでリアルな話である。2秒から3秒の遅れは国民の生命の危険を考えて致命的である。もちろん、地震のリスクは1年後移行も続くのであり、遅延のないデジタル放送方式に変更しない限りは、現行のアナログ波は停波すべきでない。

2.現行のアナログテレビ周波数が利用しているFM周波数帯をアナログ波停波後にどのような形で利用する予定であるかの説得力のある説明が国民に一切なされていない。最低でも、国民すべてを2秒から3秒の遅延のリスクをさらすからには、よほどの大きな国民全体に対するメリットがなければ、アナログ周波数帯を空ける論理にはならない。そのような必要性は未だに国民に説明されていない。

地上デジタル放送の遅延の問題は、私自身は2000年頃から、総務省自身に対しても再三指摘してきた。2004年からは、KeyHoleTVを実運用し、全世界に無償配布することにより、遅延のないエンコーディングはデジタルでも可能なことは示してきた。にも関わらず旧政権は、強行に、遅延がアルゴリズムそのものに内因的であり、解決不能なMPEG2アルゴリズムを採用し、地上デジタル放送への移行を強行してきた。

今回の地震では、この旧政権の政策は、全く誤っていたことが証明された。新政権は、このような間違った政策は白紙に戻し、アナログ波の停止は無期延期にすべきである。アナログ波を停止していいのは、地上デジタル放送のエンコード方式を遅延のないものに変更して、それが全国に普及してからである。これには今から手をつけても最低でも数年はかかると推定される。

これは技術の問題であるので、しっかり国民に理解して欲しいのだが、現在の地上デジタル放送で利用されているMPEG2アルゴリズムを利用し続ける限りは、放送局にどんなに投資をさせても、また、テレビの受像器をいくら高級なものにかえても2秒から3秒の遅延をなくすことは出来ない。つまり、現行の地上デジタル放送では、今後も遅延は大きくなることはあっても短くなることはない。大きくなる可能性があるのは、高画質化や双方向性などの追加仕様でさらにデータ量が増える可能性があるからだ。つまり、現行の地上デジタル放送の方式そのものを変えるしか解決方法はない。これには数年はかかる。こうなる前にと、この問題を10年間に渡って、総務省、旧政権関係者など当事者に、直接、間接、また、複数の著書でも指摘してきたのに、事実上無視されてきたのは誠に遺憾である。

もちろん、私も米国の研究開発パートナーも政府からの要請があれば、KeyHoleTVで利用されている遅延のないデジタル放送のエンコード技術の技術供与はいつでも協力するつもりだ。また、NHK技研や各電話事業会社の基礎研究所など、政府の要請があれば、遅延のないアルゴリズムを開発できる研究者達は日本にもいる。KeyHoleTVのアルゴリズムを参考に彼らがアルゴリズムを研究開発するのでも構わない。ただ、放送となるとアルゴリズム開発以外にも色々な技術開発が必要となる。これらについての技術供与も全面協力する。とにかく、MPEG2方式をやめ、遅延のない方式にしない限りは、地上デジタル放送に完全移行すべきではない。


 
以下、事情に詳しい人用のおまけ、

地上波デジタルの遅延の話をすると必ず、総務省が「緊急地震速報」の伝送用に、社団法人電波産業会(ARIB)と社団法人デジタル放送推進協会(Dpa)と進めてきた「文字スーパー(非同期字幕)」、「データ放送のイベントメッセージ」、「AC(Auxiliary Channel)による伝送」の3つでの伝送路の検討と、特に「ACによる伝送」での遅延が少い「緊急地震速報」の話を出してくる人がいる。

http://www.nhk.or.jp/bousai/quick.html はその例。気象庁が地震速報を出すと、4秒間のテレビ内蔵のチャィムと7秒間の緊急地震速報という赤い帯がACによる伝送でやってきてほとんど遅延なく出るというもの。今回の地震で実際にこれを目にして役に立ったひとはどれだけいたのか疑問。これは少なくとも私が見ていたNHKの地上波デジタルでは全く役に立たなかった。私に役に立ったのは、アナウンサーの「間もなく地震が来ます」という音声による案内。ただこれはしっかり私の受像機では2.5秒遅れて来た。

「ACによる伝送」のチャイムをもって、地上波デジタルの遅延は解決されたかの用なことを言う人がいるのは論外。気象庁からの「緊急地震速報」の文字とチャイムだけなら携帯電話の非常メッセージと変わらない。アナウンサーが顔を出して言語で遅延なく伝えるからテレビメディアの緊急情報としての価値がある。大体、遅延ない情報が必要な有事情報は、気象庁からの緊急チャイムだけではない。緊急チャイムは、P波がきたら、すぐに、チャイムを鳴らして緊急地震速報などの文字列を携帯やテレビに強制的に表示することによってS波に備えるというものだけど、これは上に書いたように私には役に立たなかった。役にたったのは、茨城や宮城で大きな揺れがあったときに、NHKのアナウンサーがこれを言葉で伝えてくれて、数秒後に東京が揺れるのに身構える余裕ができたから。これはS波そのものの伝来なので、チャイムはなっていない。こういった有事情報は、どんな情報が有用かはその有事の内容によって異なり、チャイムを別経路で鳴らすのでは全く不足で、実際に遅延のない放送をするしかない。チャイムを遅延なく鳴らせばアナログ波を停波してもいいという論理はあまりにも乱暴で、国民の命を軽視し過ぎている。

----
新作DVD発売中
http://www.maxpec.net/tomabechi_dvd/

苫米地英人ケータイ公式サイト http://dr-tomabechi.jp/

ブログ http://www.tomabechi.jp/

ツィッター http://twitter.jp/drtomabechi/

夢が勝手にかなう手帳 for iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id413223683?mt=8

クラブ苫米地 http://www.club-tomabechi.jp

Facebook http://Facebook.com/drtomabechi

今週末のドクター苫米地ワークスクラスは4月に延期とします

都心では節電状況等が改善されていない状態が継続していますので、今週末予定していた3月のドクター苫米地ワークスクラスは延期します。これにより、3月のクラスは4月クラスと合同になります。

4月の日程は、4月23(土),24(日),29(祝),30(土)です。

4月クラス参加ご希望者の申し込みは、2月28日のエントリーの3月クラスの詳細で変わりませんので、4月クラス参加希望とお書きの上、そのまま、お申し込みください。

菅直人総理に、国民消化の震災復興支援国債10兆円の発行を緊急提言する

菅直人総理に提言したい。国民消化による復興支援国債として国債を10兆円規模で緊急に発行すべきだ。その国債収入の全てを東北関東大震災の復興支援に使う。民間や個人の寄付金は大切だが、被害を受けなかった国民一人一人が引き受け、国がその他の財源とも組み合わせて大規模復興支援をすべきだ。インフラを再構築し、住宅や商業施設を作り、無償で被害者に提供はもちろんのこと、一気に東北、関東圏から経済再生を行う。

これは、マネーサプライを増加させる政府案の日銀引受の国債とは違う。実際に市場で私達国民一人一人が現在の資金で購入する。

再生日本を作り上げるのに、私達国民は1,500兆円規模の預貯金のほんの一部に過ぎない10兆円規模の国債を買うのは当然いとわない。この金額は20兆円でも50兆円でもいい。但し、財政法や日銀法のルール違反をして日銀に引受させて、マネーサプライを増大させてやるのではなく、国民に対して総理自ら顔を出して、メディアなどを通して説明して、最寄りの郵便局、銀行、証券会社窓口はもちろん、コンビニなどでも、国民消化型緊急復興支援国債を早急に購入できるようにすべきである。

もちろん、企業や機関投資家の引き受けは大歓迎であるが、国民消化型緊急復興支援国債は、国民が一丸となって、自らの預貯金や所得で購入する。そして、東北や関東の被害地を一気に復興し、日本経済を再生させ、さらに、これまで以上に強くする。

個人資産としてみれば、私達の貯蓄が郵便貯金や普通預金などから、国債に変わるだけであり、この使い道が震災復興支援に使われるのであるから、広く歓迎するものである。

最低でも10兆円、足りなければ20兆でも30兆でも国民消化型緊急国債を発行することを提言する。

今こそ私達国民は一丸となって、日本の震災からの復興と新しい日本の未来のために緊急復興支援国債を全て消化する。万が一、国民が消化出来なかった場合のみに、インフレリスクのある日銀引き受けを残債分のみ実行すればいい。

このような有事の際の国民の団結には、政治的駆け引きなど一切いらない。総理が真摯に国民に説明すれば、確実に実行され、世界に日本の底力を見せつけることになるだろう。

M7はM9の1,000分の1。必要以上に余震を恐れるのはやめよう

今日、連載している週刊女性の編集者たちと話していて、マグニチュードとは何かということが、専門的なレベルでなくても、なんとなくでも広く理解されれれば、いらぬ不安はなくなるのではないかと強く思った。マグニチュード7の余震が来る可能性を聞いて不安なひと達に囲まれているという。

それと水道水の話だったが、水道水については、ヨウ素131の9半減期が8日であることは既に書いたので、わざわざ書かない。念のため政府が安全宣言を出すまで(1週間から1ヶ月の間と想定される)幼児にはミネラルウォーター飲ませるぐらいでいい。大人には関係ない。シャワーも食器洗いも水道水で問題なし。 妊婦も母乳のお母さんも水道水で問題なし。妊婦も母乳が問題ないのは、母親が摂取したヨウ素131の90%は代謝で対外に排泄されるから。幼児にしても1年間毎日1リットル飲ませ続けたら内部被爆による健康被害のリスクが上がるという話で、ヨウ素131の半減期は8日と短く、そんなに長く存在し続けられない。これは18日に書いた大気中の放射性同位体の話と同様だ。このことは20日にほうれん草や牛乳の話でも書いた上記リンクにあるように、ようやく日本医学放射線学会が、「放射性物質は、いつまでも放射線を出し続けるわけではありません。放射性物質から出る放射線の量は、時間とともに少なくなります。水道水に含まれていたヨウ素は、8日程度立てば、放射線量は半分になります。どうしても気になる方は、一晩汲み置いて使うだけでも放射線量は減ります。」というメッセージを出してくれた。一週間前に半減期の話をしていたのは私だけだったので、マイノリティだったが、これでテレビなどの大手メディアが、ヨウ素131の半減期は8日だから安心していいという情報をどんどん流してくれることになるといいが。


マグニチュードの話だが、これは対数スケールだということを理解してもらえれば、話は終わり。ただ、学校で対数を学んだことを忘れた人も、式を飛ばして読んでもらえばいい。

私が学生の頃学んだマグニチュードといえば、カリフォルニア工科大学の金森博雄教授によるモーメントマグニチュードの式。以下の式で、世界的に利用されている。

Mw = (logMo - 9.1 ) / 1.5
ただし Mo = μ×D×S

Sは震源断層面積、Dは平均変位量、μは剛性率。logは常用対数log10。

因みに、地震予知とか色々な運用からより正確とかいうことで、地震国日本は、独自の気象庁マグニチュードというのを利用している。計算式が以下。分かりにくい。ただ、対数スケールであることは同じ。

Md = 1/2×log(An2+Ae2) +βd(Δ,H) + Cd (An,Aeの単位は10−6m)

ここでβdは、震源の真上の点(震央)から観測点までの地表距離と震源深度の関数。Cdは地盤震動特性の影響の補正。

式はよく分からなくていいが、理解すべきことは、対数スケールであるということ。要するに、マグニチュードが2つ増えると1,000倍という対数関係と理解すればいい。だから、余震では最大マグニチュード7が来ると言われているが、これはすでに来たマグニチュード9の1/1000ということ。

だから、マグニチュード7の余震が来ると聞いて怯えているひとが周囲にいる人は、そのひとたちに、それは、マグニチュード9だった本震の1/1000だよと伝えて安心させてあげて欲しい。地震のエネルギーをTNT爆薬の量換算で計算すると、マグニチュード9は4億8000万トンに相当するとてつもないエネルギーだそうだが、マグニチュード7は、TNT48万トン分に過ぎない。マグニチュード9を経験した私達には取るに足らないという心構えでいればいいと伝えて欲しい。


以下、参考、

地震学者の島村英紀氏によると、今回のマグニチュード9は、これまで気象庁が発表してきた上記の気象庁マグニチュードではなく、通常発表していないモーメントマグニチュードだそうだ。モーメントマグニチュードは、最初に書いたカリフォルニア工科大学の金森博雄教授の式。これまでの気象庁の計算式を使うと8.4だそう。だから、当日気象庁から発表された数字が8.4だった。2日後に9.0に変わったのは、気象庁が計算方法を気象庁マグニチュードからモーメントマグニチュードに変更したからだそうだ。9.0で発表し直したのは、「すべてのことを「想定外」に持っていこうという企み(あるいは高級な心理作戦)の一環なのではないだろうか」ということだ。

以下、島村英紀氏のブログから引用 「いままで気象庁が長年、採用してきていて、たとえば「来るべき東海地震の予想マグニチュードは8.4」といったときに使われてきた「気象庁マグニチュード」だと、いくら大きくても8.3か8.4どまり。それを私たち学者しか使っていなかった別のマグニチュード、「モーメント・マグニチュード」のスケールで「9.0」として発表したのである。」


----
新作DVD発売中
http://www.maxpec.net/tomabechi_dvd/

苫米地英人ケータイ公式サイト http://dr-tomabechi.jp/

ブログ http://www.tomabechi.jp/

ツィッター http://twitter.jp/drtomabechi/

夢が勝手にかなう手帳 for iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id413223683?mt=8

クラブ苫米地 http://www.club-tomabechi.jp

Facebook http://Facebook.com/drtomabechi


   

クラブ苫米地リニューアル告知

クラブ苫米地がさらに強力にリニューアルした。当初リニューアルは3月14日の予定だったが、遅らせて一昨日公開した。

リニューアルの詳細は多岐にわたっているが、大きな目玉は2つ。「動画コンテンツが携帯電話でダイレクトに視聴できる」ことと、「コンテンツの公開がデイリー(平日)になり、週末にはまとめ動画も視聴できる」こと。

さらに新コーナーも続々登場、既存のコーナーもLive形式になって臨場感が格段に上がったはず。内容もより抽象度と禁断度を上げてお届けするつもりだ。

【Club Tomabechi】 

パソコン、スマートフォン
http://www.club-tomabechi.jp/

ケイタイ 
http://www.club-tomabechi.jp/m/

予定されていた、リニューアルを記念しての「Club Tomabechiオフィシャルショップ」内でのオリジナル商品の販売は復興支援チャリティーに変更してもらった。

会員限定! Dr.Tomabechi Tシャツ(赤・黒/S.M.L)

デザインは私が監修し、Club Tomabechiの新しいロゴを大胆にあしらった。私からのメッセージが袖にプリントされているので乞うご期待。

このTシャツの収益は、全額を公的な窓口を通じて復興義援金として寄付してもらう。

ClubTomabechiロゴ入り特製ブックカバー

四六判書籍対応で、私のこれまでの主な著書にほぼ対応している。素材の質感からこだわったブックカバーだ。何度繰り返し読んでも本が傷まないのでお勧めだ。

ちなみに、このブックカバーは、クラブ苫米地に今回入会した人にはリニューアル記念としてもれなくプレゼントする。

【Club Tomabechiオフィシャルショップ】

http://www.club-tomabechi.jp/shop


最後にもう一つ。被災地にお住まいの現会員や新規入会を検討している人には、会費の免除など優遇措置を検討してもらって。詳細は事務局まで問い合わせて欲しい。

【Club Tomabechi事務局窓口】 reality@club-tomabechi.jp


日本という国が災害から復活を遂げ、真の平和国家として歩き始めようとしている時に、クラブ苫米地が新たなスタートを切るのは決して無関係なことではないと思っている。ひとりでも多くの人が私からのメッセージを吸収し、自分のゴールに向けて歩み出すことで、日本に、そして世界に有用な人材となって飛び立つことを切に願っている。



----
新作DVD発売中
http://www.maxpec.net/tomabechi_dvd/

苫米地英人ケータイ公式サイト http://dr-tomabechi.jp/

ブログ http://www.tomabechi.jp/

ツィッター http://twitter.jp/drtomabechi/

夢が勝手にかなう手帳 for iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id413223683?mt=8

クラブ苫米地 http://www.club-tomabechi.jp

Facebook http://Facebook.com/drtomabechi

『クロックサイクルの速め方〜脳が2〜32倍速になる特殊音源トレーニングCD付〜』24日アマゾンキャンペーン開始、事前予約・購入分も対象

63b92ca1.jpg新刊書『クロックサイクルの速め方〜脳が2〜32倍速になる特殊音源トレーニングCD付〜』(フォレスト出版)、アマゾンキャンペーンは明日24日発売。

3/24(木)19:00〜4/3(日)19:00
10日間限定。詳細は、以下、
http://www.maxpec.com/

書店には既に並んでいるということだ。



----
新作DVD発売中
http://www.maxpec.net/tomabechi_dvd/

苫米地英人ケータイ公式サイト http://dr-tomabechi.jp/

ブログ http://www.tomabechi.jp/

ツィッター http://twitter.jp/drtomabechi/

夢が勝手にかなう手帳 for iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id413223683?mt=8

クラブ苫米地 http://www.club-tomabechi.jp

Facebook http://Facebook.com/drtomabechi

チェルノブイリと福島第一は根本的に違う。チェルノブイリとの比較は意味がない

20km避難圏外の放射性物質の健康被害は外出を控え、外出するなら、濡れたマスクをして、服で皮膚の露出を控え、手袋、帽子で充分であり、50kmも離れれば、その必要さえもないことを18日にブログに書いた。これに対して、チェルノブイリでは200km、300km離れたところでも放射性物質による汚染が確認されているという意見をもらった。

チェルノブイリと福島第一は根本動作原理から全く違う。これは専門家にはあたり前のため、わざわざ言及されないため、逆に一般の知識人も、政治家も、専門家ではないので広く不安があるようだ。もちろん、専門家の間でも、福島第一で、再臨界の事態があり得るか否かについては意見が分かれているが、これも含めて、環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長の3月20日付けの以下のレポートが分かりやすく、再臨界の可能性は否定できないが、チェルノブイリのような事態にはなり得ないことが説明されている。専門知識がなくても理解可能なはず。

http://www.isep.or.jp/images/press/script110320.pdf

ところで、国民が不安を持っているのは、再臨界の可能性そのもの(最悪のシナリオ)を報道することが統制されたのか、万が一、再臨界があっても退避圏外は安全という、このような情報が政府からもメディアからも説明されていないのが、いらぬ不安を生み出しているのだと推測する。その意味でこのレポートは重要だ。

ここでは、繰り返しになるが、チェルノブイリと福島第一は根本的に違うことを、一般向けにごく基本的なことのみを書く。私の3月17日付けのブログから引用する。

引用開始、

「因みに、チェルノブイリは旧ソ連が原爆技術をもとに開発した黒鉛減速沸騰軽水圧力管型原子炉(RBMK)。福島第一のアメリカ式Mark1型、2型(BWR)と全く異なる方式で、チェルノブイリの場合は、動作原理の欠陥で通常運転100万kW電気出力の10倍のエネルギーで即発臨界爆発したという話なので、比較してリスク話をあおるのは論外。福島第一には全く当てはまらないチェルノブイリRBMK型の"正のボイド係数" 欠陥は、 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/cher-1index.html などで理解して欲しい。また。日本の原発のウラン235の濃縮度は3%程度で、核爆弾のような爆発をするには、最低でも70%濃縮度が必要なので、例え再臨界になっても各爆弾のような爆発はしようがない。また、チェルノブイリの原子炉は格納容器がないタイプなので、臨界暴走しながら放射性物質を撒き散らした論外のケースなので、遥かに安全性の高いアメリカ式BWR型の原子炉を比較すること自体が根拠が薄い」

引用終わり。

また、チェルノブイリは、中性子の減速に7mの長さの黒鉛ブロックを使うという特殊な方式であった。この黒鉛が即発臨界で燃え続けたのであり、一切黒鉛を使っていない福島第一には適用不能なケースと、マサチューセッツ工科大学核科学工学科のリチャード・レスター教授は強調している。

要するに、チェルノブイリは旧ソ連の原爆科学者達が軍事用途で作りだした原子炉の方式で、アメリカ型の原発とは動作原理が全く違い、通常出力の10倍で暴走するような論外な技術だった、また炉が黒鉛でできており、これが燃え続けたということ。また、福島第一のBWR型は圧力容器の外側に格納容器があり、チェルノブイリはこれさえもなかったということが、根本的な違いである。このように、福島第一では原理的にチェルノブイリのようなことは起こり得ないし、ましてや核爆発のようなことは起こり得ない。

また、福島第一は、更に2メートル厚の生物遮蔽壁と1メートル厚の鉄筋コンクリート防護壁で囲まれており、万が一の再臨界の場合も、放射線は付近の住民に影響はない。ガンマ線はもちろん、最も透過力の強い中性子線でさえも付近の住民には影響がないと上記レポートにもある。因みに、漏れた水素が酸素と結合して爆発が起きたことで吹き飛んだのはは上部の鉄骨トラス構造の部分。以下の図が分かり易い。

http://nei.cachefly.net/static/images/BWR_illustration.jpg

Area of Explosionと赤字で書かれているトラス構造の部分が水素爆発で吹き飛んだ部分。炉の構造が吹き飛んだかの印象を与える報道は誤り。炉構造と周囲構造の頑健性は、データから明らか。

東京電力のシミュレーション計算のhttp://www.tepco.co.jp/nu/material/files/ka10061701.pdfの5ページと61ページの図や、米国原子力規制委員会(NRC)のマニュアル、http://www.nrc.gov/reading-rm/basic-ref/teachers/03.pdfの3-16で確認して欲しい。

防護壁(格納遮蔽壁)の東電の写真がなかったので、GE Mark1型の米国原子力エネルギー協会(NEI)の写真が以下。

http://www.nei.org/filefolder/containment_wall_construction.jpg

鉄筋コンクリートの分厚さが分かる。内側に1/2インチ(1.2cm)厚の鉄板を貼った、4フィート(1.2メートル)の厚みのある鉄筋コンクリートである。1号機から5号機は全て同様なアメリカ式GE Mark1型、6号機は更に改良されたMark2型。

上のリンクの東京電力のシミュレーションモデルは、宮城県沖地震M7.1のデータをベースにしていのるので、今回の地震は想定外であったのは事実。ただ、これで機能停止となったのは、冷却装置であり物理構造ではない。福島第一の1号機から5号機までのMark1型の冷却装置の脆弱性は、米ABCニュースでも流れた。これは1970年代から知られていたものだ。とはいえ、外部壁まで含めた防護構造の構造的強度は、東電の上記データを見れば明らかだ。

このABCニュースではMark1型の冷却システムの欠陥に抗議して1972年にGEを退職したという元GEエンジニアの話が出ている。一方、GEのレポートを読むと、GEはこの欠陥の修正を当時から継続して発表、各国の電力会社に通告し、少なくとも米国内では改善済みであり、日本でもその改良が実行されたはずであるとしている。

総括すると、1.動作原理が全く違う、2.格納容器がある、3.更に頑健な二重の遮蔽壁があるという理由で、万が一、再臨界しても、チェルノブイリのような事態にはなり得ないと断言できる。

以下は、補足。

念のため、再臨界ということを、説明しておくと、原子炉は臨界運転時でない時も常に正常運転の3パーセントぐらいの熱を出している。それが、冷却装置が稼働してないので炉内の温度がどんどん上がって、燃料棒を囲むジルコニウムの被覆管が溶け始めているのではないかというのが問題とされている。そして全ての燃料が溶け落ち着いて、一定量以上の燃料がひと固まりになった時に、もう一度臨界になる可能性が再臨界として問題にされている。ウラニウムはある程度の量と密度を超えて一緒にいるだけで勝手に核分裂を始める。炉心が完全に露出した状態が継続し、酸化ウラン燃料を被覆しているジルコニウム合金の融点2200度Cを超えて、燃料棒が下に落下する場合、もしくは、更に二酸化ウランの融点の2846度Cを超えるような事態が続いて燃料まで解けて落ちる場合、こういった最悪のケースを想定した場合の話である。但し、先にジルコニウム合金被覆管が溶けて燃料は落下するので、再臨界となる場合があるとすれば、二酸化ウランが溶けるよりは早いと考えられる。

福島第一では、ジルコニウムが溶けたことにより発生した水素が酸素と結びついて水素爆発した可能性があるので、炉心が完全に露出し続けた場合はあり得るシナリオとなる。全ての燃料が炉の底に溜まることによって、再臨界する可能性があるのではという話である。一般には、ウラン235と共に燃料に入っているウラン238の中性子吸収確率が高温になることで上がるドップラー効果があるので、 高温になれば再臨界は起きないか、起きてもすぐ収まると考えられているが、炉内圧力が上がっているなど、なんらかの要因でドップラー効果が弱い場合などに、再臨界があり得るのではというの話である。これが最悪のシナリオで、この場合でも、チェルノブイリとは違い、BWR型の炉は、即発臨界といわれるような事態にはなることは考えられないというのが上記レポートなどの結論だ。

更に、この記事を書いている3月21日18時半の時点での現実問題としては、福島第一の温度推移を見ると明かに低下傾向にあり、また、冷却装置への外部電源供給も回復する見込みであり、このような危機は脱したと考えるのが妥当だろう。もちろん、万が一の再臨界の場合でも放射線と放射性物質の概念は混同しないようにとは、すでに3月18日に書いた通りである。

また、Twitter (http://twitter.com/DrTomabechi)に3号機はプルトニウムの入ったプルサーマル(MOX燃料)なので大丈夫かという書き込みがあったが、上記原理は全く同じ。物理的に施設が破壊されてプルトニウムが漏れ出した場合の被害は毒性がより強い分より大きいが、これは原発施設敷地の汚染の話であり、プルトニウムの沸点は3228 ℃なので、気化して放射性物質としてチリに付着して浮遊する可能性はまず考えられない。これは、沸点3745 ℃のウラニウムも同様だ。



アメリカ式BWRについては、

http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=02-01-01-01

BWRの放射線遮蔽については、

http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=02-03-02-02

がそれぞれ日本語で詳しい。


----
新作DVD発売中
http://www.maxpec.net/tomabechi_dvd/

苫米地英人ケータイ公式サイト http://dr-tomabechi.jp/

ブログ http://www.tomabechi.jp/

ツィッター http://twitter.jp/drtomabechi/

夢が勝手にかなう手帳 for iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id413223683?mt=8

クラブ苫米地 http://www.club-tomabechi.jp

Facebook http://Facebook.com/drtomabechi

地下鉄サリン事件を風化させてはならない。

地下鉄サリン事件、今日で16年。決して風化させてはならない。

茨城・福島の牛乳、ほうれん草は無害だ。ヨウ素131の半減期は既に過ぎている

茨城、福島で、牛乳で932〜1190Bq/kg、ほうれん草で6100〜15020Bq/kgの放射性ヨウ素が検出されたとNHKで先ほど放送された。

厚生労働省の以下の発表を受けてのものだ。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000015iif.html

また、官房長官が、一年間食べ続けてもCT一回分より低い被曝量なので安全と言ってる姿が放送された。国民を安心させようとするあり方は評価できるが、ロジックが根本的に間違っている。この測定値は、きっと朝刊にも載るだろう。この報道で、また国民が不安になるだけでなく、牛乳やほうれん草の出荷者は大きな経済的損失を被ることは間違いない。

ロジックが間違ってるのは、一年間食べ続けても安全だからではなく、消費者が食べる頃には放射線ヨウ素の放射能が事実上なくなっているからだ。

この話については、一昨日このブログに書いた。官房長官もNHKも残念ながら私のブログを読んでなかったようだ。NHKが言う放射性ヨウ素とは、放射性同位体のヨウ素131のことだが、一昨日書いたように、ヨウ素131の半減期は8.02日である。既に昨日で半減期を過ぎている。放射線量は半減期の指数関数で減衰するから、半減期を超えると放射線量は一気に弱まるのは一昨日説明した通り。つまり、これらの牛乳やほうれん草が市場に出回る頃には、ベータ線の放射はほとんどないか、ヨウ素131そのものが無害の安定同位体キセノン131に変わっているということだ。

また、予想した通り、半減期が長くリスクが高いセシウム134やセシウム137は、牛乳やほうれん草から検出された量は極微量で厚生労働省の基準以下で問題にならない。セシウムの沸点は671℃。燃料棒を被覆しているジルコニウムが一時溶けたようなので、炉内で一時的にこの温度は超えて、セシウム134、セシウム137も気化したはずだが、沸点が184.25 ℃のヨウ素と違い、炉内で気化したとしても、多くは炉外に出てすぐに沸点以下に下がっているはずなので、チリに付着して放射性物質として浮遊したのは微量なはずだからだ。

通常運転時の原子炉内の温度は300℃から450℃だから、セシウム134、セシウム137は通常運転中は気化しておらず、炉心溶融に伴って気化した分のみが大気中にチリに付着して漂った。ヨウ素131の沸点は184.25 ℃なので、炉内では常に気化状態にある。また、核分裂中に大量に生成されていたので、漏れて大気中のチリに付着した量ははるかに多いから、牛乳やほうれん草で検出されるのは十分予想内だ。

ただ、ヨウ素131の半減期はもう過ぎているので、問題にする必要がない。

つまり茨城や福島の牛乳、ほうれん草は全く無害と官房長官も発表し、NHKも報道すれば、それでよかった話。逆にWHOが20km圏外は生体に安全であると声明を出した事こそ報道すべき内容だろう。 NHKまでもが国民の全く不必要な不安を煽ってはいけない。民放については見てないのでコメントできない。

なぜか、政府まで勘違いしてるので、繰り返し書くが、今飛んでいる放射性ヨウ素(ヨウ素131)は、福島第一原発が臨界中、つまり通常運転していた時に核分裂でそれまでに生成されたもの。地震と同時に全ての発電機は停止、つまり臨界状態ではないので、その後ヨウ素131は生成されてはいない。だから、漏れたヨウ素131の放射線量は半減期でどんどん下がって行っている。放射線量は8日毎に半分になり、更に半分になりと下がっていくのだ。したがって、昨日の計測で基準値を数倍というレベル越えて検出されたとしても、流通して皆さんが口にする頃には、基準値以下までベータ崩壊は進んでいるはずだ。もしその段階でまだ基準値を超えていたとしても、摂取後体内でも指数関数的に放射線量はどんどん下がる。昨日の計測時点で、一年間食べつづけてもCT一回分以下のレベルだったのだから、全く心配にはあたらない。また、一年間摂取しようにもベータ崩壊して、安全な安定同位体のキセノン131に変わっているから摂取しようがない。

念を入れるなら、厚生労働省は、出荷業者には一週間出荷を遅らせるなどの行政指導をして、消費者には、3月末までは茨城、福島地域の牛乳、ほうれん草は念のため一週間冷蔵庫に保管してから食べれば全く安全などと伝えればよいのではないか。特に一年間食べ続けても大丈夫といういい方は、一年間同じ基準値を超えた量で存在し続けるような全く誤った印象を与えるから、国民にいらぬ不安を与え、また、出荷業者には壊滅的な打撃を与える可能性が高い。

もちろん、放射性セシウムも臨界中に生成されたものだから、現在、基準値以下ということは、将来増えることは可能性が低いから心配無用と国民に伝えるべきだ。

官房長官が言い、NHKが何度か放送したからには、今日の朝刊やワイドショーなどでも取り上げられそうだが、皆さんは、地震で放出されたヨウ素131は既に半減期を超えているから心配無用と周囲に伝えて欲しい。もちろんセシウム134、137についても現在基準値以下だから今後はベータ崩壊で減ることはあっても、増えることはないと伝えて、周囲を安心させて欲しい。政府も基準値を超えて計測されたヨウ素131は半減期が短いので、心配無用と国民にしっかり伝えるべきだ。


----
新作DVD発売中
http://www.maxpec.net/tomabechi_dvd/

苫米地英人ケータイ公式サイト http://dr-tomabechi.jp/

ブログ http://www.tomabechi.jp/

ツィッター http://twitter.jp/drtomabechi/

夢が勝手にかなう手帳 for iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id413223683?mt=8

クラブ苫米地 http://www.club-tomabechi.jp

Facebook http://Facebook.com/drtomabechi

放射線と放射性物質の概念を混同して国民の不安をメディアは煽らないで欲しい

病院のCTスキャンなどで放射線を直接浴びるのと、放射性物質が身体に付着して被曝したり吸い込んで内部被曝することが、本質的に全く異なる事を、政府やテレビコメンテーター達が説明してないことが、多くの人をいらぬ不安に入れている。

ある番組では東京からニューヨークに飛ぶ飛行機に乗ることで宇宙線から受ける放射線被曝量と、原発から風に乗って飛来する可能性のあるヨウ素131などの放射性物質から受ける被曝量を同じ図で解説していた。これは、明らかに誤った比較である。レントゲンを受ける患者への説明なら理解出来るが、原発事故で大気拡散し、風に乗って飛来する可能性のある放射性物質の放射線量とを比較することは、全く無意味である。

例えば、福島第一原発の正門で計測された放射線の一種である中性子線は特に透過性が高く、原水爆や中性子爆弾で知られるようにに30cmのコンクリートでも通り抜ける。また人体への被害も甚大である。同様にガンマ線も透過性が高く、鉛や分厚いコンクリートでは防ぐことは出来るが、民家では無理である。これらは、炉心溶融や再臨界となればそれが続く限り放射され続けるので、今回の事故現場の作業員のように、近づいて被曝している時間を厳密に計測しなければ危ない。これは病院の放射線技師が年間被曝量を定められているのと同様である。今回の事故で緊急作業従事者の被曝上限を年間100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに上げたという話で報道されているロジックである。ただ、これらの放射線は距離の2乘に反比例して減衰するので現在の20kmの退避は十分すぎるほどの距離であり、万が一再臨界しても避難者の人体には全く影響がない。

以上が、放射線の話である。以下が、放射性物質の話である。

原発内部の核分裂で生成されているのが放射性物質である。炉心溶融でなんらかのルートで放射性物質が漏れているのが問題となっている。放射性物質で、原発事故で主に問題となっているのは、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137などの放射性同位体である。放射性同位体は不安定な物質で、例えばヨウ素131は、安定同位体であるキセノン131に変わるまでベータ線を出しながら崩壊する。実際、これらの放射性物質は、17日現在神奈川でも極めて微量ながら計測されている。これらは核反応生成物なので間違いなく事故が原因と言える。

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1103170030/

中でもヨウ素131は原発内でウランなどの核分裂で大量に生成される上に、沸点が184.25 ℃と低いので気化しやすく、今回の事故でまず懸念されるのはヨウ素131のベータ線による健康被害と考えられている。だから、安定ヨウ素剤を配布しようという話であったり、効果は期待し難いが、コンブを食べればいいといった話が出ているのだ。また、再臨界となればこれらに加えてストロンチウム90なども放出されることが予想される。

これら放射性物質が危険なのは、崩壊しながらベータ線を放射し続けるからである。因みに、これらの放射性同位体が半分まで崩壊する時間を半減期と呼んでいる。ベータ線の透過力そのものはたいしたことなく、1cmのプラスチック版で遮蔽出来る。とはいっても通常の衣服であれば透過し、皮膚を透過する。また、吸引したときの内部被曝が問題となる。これが放射性物質の被害である。

ここまでが背景である。これさえもメディアではちゃんと解説されていない。これで分かるのは、自衛隊員達が浴びている放射線と、離れた都市に届くのではと懸念されている放射性物質とでは、やってくるルートが全く異なるということだ。自衛隊員が浴びているのは全身に継続的に浴びせられている直接的な原子炉からの放射線である。

一方、退避圏外にやってくるのは、浮遊粉塵、つまりチリに付着して大気中をゆらゆら飛んでくる放射性物質である。これが、体につけば放射性物質が放つベータ線を受けることになる。

ここで、メディアやネットが騒いでいるイメージを横において、冷静に考えて欲しい。あなたは、素っ裸で街を歩いていますか? 服を着ていれば、服に放射性物質は付着する。服を透過してベータ線は体に入る。でも、家に帰って服を脱げば終わり。チリは服を通り抜けない。あとは服を洗濯すればいいだけ。放射性物質が付着してるのはチリだから、家の壁も、車のガラスも通れない。窓ガラスに付着すれば、一般家庭のガラスの厚さではベータ線は透過するけど、窓ガラスに身体を密着していない限りは体に影響しない。放射性物質の発する放射線は、距離の2乘に反比例して減衰するからだ。一部で、東京など離れた都市に放射性物質が飛んで来ている間、ずっと、あたかも事故現場の自衛隊員のように被曝し続けていることになるかのような発言がネットでみられるけど、誤り。もし、そのひとが、素っ裸でずっと屋外に一ヶ月とか一年間とか居続け、その間ずっと放射性物質が降り続けたら、成り立つ計算かもしれないけど、そんな人はいないし、そんな長く高濃度で降り続けない。被曝時間といえるのは屋外でチリがあたってる時間だけ。また、身体に密着した薄い服でもわざわざ着ない限りは、衣服と中の空気が生み出す空間の距離だけでも、ひとつひとつのチリの放射線量は微量なので距離の2乘で思いっ切り減衰する。

万が一、自分の住む街で人体に影響のあるレベルの放射性物質が計測されたら、その時は、理想は外出を避ける。外出する時は、タクシーなど乗り物に乗れば大丈夫。念のため、帽子を被って、手袋して、湿気らせたマスクをすれば完璧。帽子や手袋はしなくても、帰宅してシャンプー、シャワーを浴びれば問題なし。マスクが役に立つのは、吸引しての内部被曝を防げるから。

ただ、このような必要性は例え再臨界があったとしても現実的にはあり得ないというのが、昨日紹介した英国政府科学顧問たちの見立て。僕もそう計算してる。

放射性物質は、チリとして飛んで来るから、継続的に風下でない限りは飛んでこない。万が一風下状態が続いていたとして、大気中にエントロピーで分散するから、計算上は、距離の3乘に反比例して薄まる。だから50キロも飛んだら、問題となる濃度には成り得ない。それが、昨日紹介した英国大使館の発表のエッセンス。

更に、付け加えると、放射性物質には半減期がある。上に書いたように、ベータ崩壊は一定の時間しか続かない。つまりその間しかベータ線が出ないということ。万が一臨界になっても臨界状態は長くは続かないから、それまでに放出された放射性物質が崩壊している間しかベータ線は出ない。因みに量的に一番懸念されるヨウ素131は半減期が8.04日。ベータ線量は、半減期の指数関数で減衰するから、半減期の1倍、2倍、4倍、8倍、10倍の時間が経過すると放射線の量は、1/2、1/4、1/8、1/16、1/32、1/64、1/1024と一気に弱まる。大気浮遊粉塵が、220km離れた東京にやってくるのに、例えば平均風速3m/秒を直線距離で20時間で来るという計算にはならない。一度、2000メートルから数千メートルという高さに舞い上がってから、ゆらゆらと風に乗ってやってくる。そしてゆらゆらとゆっくり降りて来て、私達の服に付着する。その間に何日どころか何十日も立つこともある。だから私達の体に付着する前に大半は半減期を終えてる。どんなに早くやって来ても放射線が出てるのは、その後一週間。だから素っ裸で屋外に居続けても、たいした被曝にはなり得ない。

また、これは万が一、将来、再臨界に至った場合の話しであり、現在浮遊しているヨウ素131は地震で炉の核分裂を止める前のものが、何らかのルートで漏れたもので、その後核分裂は止まったままなので、もしも身体に付着しても、皆さんがこのブログを読む時には、地震発生による核分裂停止から、半減期8.1日を超えているので、放射線被害は例え吸い込んでも起こり得ない。

というわけで、首都圏など50km以上離れた場所でのヨウ素131の今回の原発事故での被害はあり得ない。

但し、想定される量はより微量とは言え、その他の放射性物質は、半減期はずっと長い。セシウム134は半減期が2.06年。セシウム137は30.1年。再臨界で放出が想定されるストロンチウム90は28.8年。また、生物学半減期という概念があって、これは体内排泄により身体から出て行く半減期。これは、セシウム134は100日以上。セシウム137は70日以下。ストロンチウム90は50年。ストロンチウム90がとてつもなく長いのは、カルシウムの同属だから骨などに吸収されるから。生物学半減期から言って、よほど大量でない限りはセシウム134と137は問題とならない。問題なのは、ストロンチウム90。

ただ、これら3つの放射性物質に関しても、上に述べたエントロピー大気分散のロジックは同じで、例え再臨界になっても100km以上も離れた東京などの各都市は全く関係ない。マスクもいらないというのが、昨日紹介した英国大使館のレポート。というか、50km圏外は濃度拡散上安全という話。現実問題として福島第一から50km以上離れた人は心配無用。

問題にすべきは、将来、特に再臨界があった場合に50km圏内の土壌と農作物や魚介類がストロンチウム90に汚染されていないかという問題。ただ、さすがに福島第一から50km圏内で取れる農作物や魚介類が検査されずに市場に出回ることはあり得ないだろう。日本は事故そのものを隠蔽したチェルノブイリの旧ソ連とは違う。

このように、少なくとも首都圏などの住人が、福島第一原発が再臨界になることを恐れる根拠はない。

放射能という概念を一人歩きさせて、放射性物質という概念と一緒にして、国民に不必要な不安を与えているテレビメディアの罪は大きい。数字だけは、マイクロシーベルトとかミリシーベルトとかと意味がありそうに比較する。だが、原発付近での直接被曝と、大気中放射性物質による間接被曝は全く違う。それをひとつの図などで比較してはいけない。テレビが先なのか、ネットが先なのか分からないが、全く不必要な国民の恐怖を煽る情報の拡散はやめて欲しい。



----
新作DVD発売中
http://www.maxpec.net/tomabechi_dvd/

苫米地英人ケータイ公式サイト http://dr-tomabechi.jp/

ブログ http://www.tomabechi.jp/

ツィッター http://twitter.jp/drtomabechi/

夢が勝手にかなう手帳 for iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id413223683?mt=8

クラブ苫米地 http://www.club-tomabechi.jp

Facebook http://Facebook.com/drtomabechi

イギリス政府は東京在住者への健康被害の可能性はないと

15日現在の評価で現在更に数値は低下している。

イギリス政府が科学顧問のHilary Walkerなどに依頼して日本大使館に送ってきた、15日現在の影響評価(日本語要約by岩瀬大輔氏)ー池田信夫氏ブログから引用、

引用開始、

◯1つの原子炉がメルトダウンしても、被害が出るのは50キロ圏内。2つ以上の原子炉がメルトダウンしても、被害はあまり変わらない。

◯現在の20キロ圏内の避難勧告は、妥当な判断。

◯専門家は、東京在住者への健康被害の可能性はないと見ている。

◯専門家は、風向き云々ではなく、東京は距離的に離れているから健康には影響ないと見ている。

◯原子炉が冷やされるにつれて、10日程度で状況はかなり改善する。

◯日本の当局から出される情報は、多くの機関から監視されており、現在まで正しい情報を流していると見られている。

◯チェルノブイリとはかなり状況が違う。チェルノブイリの時は、原子炉がメルトダウンし、ケースが爆破し、何週間も炎上していた。チェルノブイリの時でさえ、30マイル(50キロ)離れていれば、健康を守るのに十分だった。一番問題となったのは、被災した食料・飲料を食べて病気になったこと。当時、食料の放射線レベルを測定したり、危険を知らせる試みは、全くなかった。

◯ブリティッシュスクールの校長は、学校を閉鎖し続けるか質問してきたが、原発を恐れ、閉鎖する必要はないと回答した。

◯ヨウ素に関して、専門家は、多量の放射線や被災した食料・飲料を取り込んだ際に限り必要となるもので、長期にわたり、ヨウ素を体内に取り込むのは、どんな場合であっても、不健康。

引用終わり。


因みに、チェルノブイリは旧ソ連が原爆技術をもとに開発した黒鉛減速沸騰軽水圧力管型原子炉(RBMK)。福島第一のアメリカ式Mark1型、2型(BWR)と全く異なる方式で、チェルノブイリの場合は、動作原理の欠陥で通常運転100万kW電気出力の10倍のエネルギーで即発臨界爆発したという話なので、比較してリスク話をあおるのは論外。福島第一には全く当てはまらないチェルノブイリRBMK型の"正のボイド係数" 欠陥は、 http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/cher-1index.html などで理解して欲しい。また。日本の原発のウラン235の濃縮度は3%程度で、核爆弾のような爆発をするには、最低でも70%濃縮度が必要なので、例え再臨界になっても各爆弾のような爆発はしようがない。また、チェルノブイリの原子炉は格納容器がないタイプなので、臨界暴走しながら放射性物質を撒き散らした論外のケースなので、遥かに安全性の高いアメリカ式BWR型の原子炉を比較すること自体が根拠が薄い。
----
新作DVD発売中
http://www.maxpec.net/tomabechi_dvd/

苫米地英人ケータイ公式サイト http://dr-tomabechi.jp/

ブログ http://www.tomabechi.jp/

ツィッター http://twitter.jp/drtomabechi/

夢が勝手にかなう手帳 for iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id413223683?mt=8

クラブ苫米地 http://www.club-tomabechi.jp

Facebook http://Facebook.com/drtomabechi

ドクター苫米地ワークス3月特別クラス3月26日からに変更します。

ドクター苫米地ワークス3月特別クラスは、19日開始予定でしたが、3月26日開始に変更します。3月クラスは、これにより、3月26、27日の次は後半日程が、4月クラスと合同になり、4月23、24日となります。また、都合のつかない日程は、以降の任意の日程のクラスに参加することができます。クラス情報は、2月28日のブログエントリーを参照して下さい。

地震被害緊急対策としてiPhone版KeyHoleTVを暫定的に一般提供します

東北地方太平洋沖地震に続き長野でも震度6の地震が発生しました。特に東北地方太平洋沖地震は余震が今後1ヶ月間程度続くことが予想されています。一方、現在、テレビの視聴不能、並びに難視聴地域が継続的に続いております。また、停電によりラジオやパソコンによるリアルタイム情報の受信が不可能な地域も継続しています。

地震緊急対策支援を目的として、iPhone版のKeyHoleTVを一般提供致します。iPhone版は、iPhone発売開始時から開発が完了していましたが、著作権保護の観点などから一般提供していなかったものです。地震被害対策の用途に限定して、お使いください。

また、KeyHoleVideoをパソコンにインストールすれば、どなたでも、放送局を開設してKeyHoleTVに配信できます。もちろん無償で開設可能です。被害者支援情報提供等にお使い下さい。

KeyHoleTVは、10ギガビットオーダーの回線でサービスを提供してきており、通常では充分な容量を持っていますが、昨日から、接続が限界に達しています。本来ですと、回線増強が望まれますが、現時点で、CM等一切なしで完全無料でサービスを提供しており、サーバー、回線等コストを私が個人で負担しており、これ以上のバンド幅の提供は難しいものがあります。

当分の期間、視聴される方も、放送される方も、地震被害対策情報に限定をお願い致します。また、放送される方は、バンド幅の節約のため、映像のない、音声番組の提供のみにお願い致します。

iPhone版は、Appleを通した正式版ではありませんので、これまで公開を控えておりましたが、停電地域、テレビ難視聴地域が現在でも広範に存在している為、また、今後も当分の期間余震が予想される状況下、地上デジタル放送で2秒以上、ストリーミング放送では数秒以上遅延がある現状で、0.5秒程度のネットワーク遅延以外の遅れのない、現時点で地上最速のKeyHoleTVの利用を携帯電話クライアントにも提供することが、意義が大きいと判断しました。今後、アンドロイド版の暫定公開も検討する予定です。

iPhone,Windows Mobile,Windows,Mac,Linux版の、視聴用クライアントKeyHoleTV並びに放送用クライアントKeyHoleVideoは、以下のサイトでダウンロードできます。また、iPhone版は、Apple非公式ですので、インストール法が通常のアプリと異なりますので、インストール法は、同サイトのQ&Aをご覧下さい。

http://www.keyholetv.jp

KeyHoleTVダウンロードと書かれたところからダウンロードできます。iPhone版は、対応OSリストには表示していませんが、ダウンロード可能になっています。現時点では、非公式アプリですので、iPhoneに直接ダウンロードするのではなく、iTunes経由でのインストールになります。

今も『緊急地震速報が出ています。揺れが来るまでわずかな時間しかありません』とテレビで速報が流れましたが、これが2秒から3秒遅れて流れてくる地上デジタル放送のみに7月以降になるのは、国民の生存権を規定する憲法違反と思っています。テレビ局やラジオ局の著作権関係者からの異論は覚悟で、iPhone版KeyHoleTVを、無償一般公開をして、携帯電話に、地上デジタル放送やワンセグより2秒以上早く地震速報を届けることは、日本国憲法の精神から全ての利害に優先して望まれるものと確信しています。

週刊女性の特典ダウンロードURL

明日発売の『週刊女性』は私の特集ページがある。その特典の着うたダウンロードの置き場所が以下、

http://shujo.period3.to/




----
新作DVD発売中
http://www.maxpec.net/tomabechi_dvd/

苫米地英人ケータイ公式サイト http://dr-tomabechi.jp/

ブログ http://www.tomabechi.jp/

ツィッター http://twitter.jp/drtomabechi/

夢が勝手にかなう手帳 for iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id413223683?mt=8

クラブ苫米地 http://www.club-tomabechi.jp

Facebook http://Facebook.com/drtomabechi

「速読脳」増刷

書き下ろし『ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方』(PHP文庫)3刷の増刷が決定した。これで累計3万部となった。

ワークスアシスタントによるセミナーの案内

女性専用セミナーもある、ワークスアシスタントによるワークスの基礎セミナー。全て、指導できる訓練を経た女性たちだ。ワークスの基礎訓練部分だけをしっかりやるのは女性どうしの方がやりやすいのではという彼女たちのアイデアだ。もちろん、一般coedクラスも、彼女たちがしっかり指導する。初心者に基礎を学んでもらうだけでなく、過去の参加者の復習にもいいはずだ。


呼吸法や気功は、最初の段階から、自己流は避けた方がいいので、初めての段階から、経験者にしっかり指導されることは極めて望ましいことだ。

アシスタントたちが自主的に開催を希望してきたセミナーなので、高いモーチベーションとエフィカシーのクラスになるはずだ。ワークスの雰囲気を知ってもらうのにもいいアイデアだと思う。

---
以下、担当から、

こんにちわ、苫米地英人公式ファンクラブからのお知らせです。

苫米地英人公式ファンクラブでは、苫米地ワークスアシスタントが主催する 【Dr.T脳トレーニングセミナー】を開催いたします。

このセミナーでは、ワークスアシスタントと一緒に博士の著書の内容 (呼吸法やリラクゼーション、気功、共感覚など)をワークします。

■□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Dr.T脳トレーニングセミナー 開催予定 
3月25日(金)19:00〜21:00 

■女性限定♪Dr.T脳トレーニングセミナー 
 
毎月第2日曜日に開催予定
3月13日(日)13:00〜15:00

▼有料メールマガジン会員様には以下の特典がございます。

特典1、参加費が一般の方は1万円のところ、 有料メールマガジン会員様は割引価格の5000円となります。

特典2、【無料招待参加券】が抽選で当たります。

詳細はこちらのサイトでご確認ください。

→http://tomabechi-fan.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□■


----
新作DVD発売中
http://www.maxpec.net/tomabechi_dvd/

苫米地英人ケータイ公式サイト http://dr-tomabechi.jp/

ブログ http://www.tomabechi.jp/

ツィッター http://twitter.jp/drtomabechi/

夢が勝手にかなう手帳 for iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id413223683?mt=8

クラブ苫米地 http://www.club-tomabechi.jp

Facebook http://Facebook.com/drtomabechi

3/2開始『脳のリミッターを外せ!』アマゾンキャンペーン

以下アマゾンキャンペーン、明日開始

『脳のリミッターを外せ!』
苫米地英人・安達元一〔共著〕アスコム刊

3/2(水)19:00〜3/12(土)19:00
10日間限定

http://www.maxpec.com/

TICEコーチング2期生募集開始

TICEコーチング2期生募集開始。

▼コチラが募集のページ、
http://www.forestpub.co.jp/seminar-detail.cfm?LID=20468

▼以下、担当者からの紹介文、

TICEパフォーマンスエンハンスメントコーチングでは、北京オリンピックで8個の金メダルを獲得したマイケル・フェルプスを指導するなど多数の成功者を輩出し、全世界で40年間のコーチングの実績を誇る米国自己啓発界最高権威かつコーチングの大家・ルー・タイスの理論・方法・スキルに加え、脳機能学者・苫米地英人による最先端の脳科学によるコーチング理論を統合した世界基準のコーチング技術、スキルを直接学ぶプログラムです。

本プログラムでは、あなたがプロの“パーフォーマンスエンハンスメントコーチ”となり、周りの人やクライアントに直接コーチしていくために、ルー・タイス、苫米地英人による講義、各月の課題、勉強会、実習、さらには受講生、卒業生とのネットワークを深めながら6ヶ月間の期間において 最高峰のコーチングスキルを学びます。
livedoor プロフィール
苫米地英人公式サイト
http://www.hidetotomabechi.com/


Facebook

BWFインターナショナル
各地のPX2セミナー情報
http://bwf.or.jp/

TPIジャパン
TPIEディプロマクラス
http://www.tpijapan.org//

TICEコーチング
http://www.ticecoach.org/

苫米地式コーチング公式サイト
http://tomabechicoaching.jp/

コグニティブリサーチラボ
http://www.crl.co.jp/

公式オリジナル電子書籍
電子書籍のリストは、

http://www.hidetotomabechi.com/category/dbook/


上記にない最新のコグニティブリサーチラボ刊行の電子書籍は以下、

http://www.crl.co.jp/books.html


サイゾー刊行の電子書籍は、以下のサイゾー->メディア事業->電子書籍

http://cyzo.co.jp/

携帯からはQRコードで
QRコード
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
ロシアテレビ局
出演インタビュー
Interview
Russian TV Station
≪В. Гости≫
Хидето Томабэчи.
1df6d75f.jpg


1df6d75f.jpg

1df6d75f.jpg

0f4bfebc.jpg

0dace6fd.jpg
無料メルマガ登録
人生が変わる!
ドクター苫米地の
7日間動画コーチング
メールアドレス:
9月のクラブ苫米地
CLUB TOMABECHI
9月も興味深い話題が続々と登場!
バーチャルコーチングサイト「クラブ苫米地」 http://www.club-tomabechi.com/ 会員募集中!
ニコ動苫米地英人ブロマガ
献金サイト
『日本買収計画』(サイゾー刊) http://amzn.to/Zsx1CUなどで展開している政策実現のための献金サイトが出来た。詳しくは、『日本買収計画』を、是非読んで欲しい。国民ひとりコーヒー一杯分で日本を国民の手に取り戻す。国民がインターネットで重要政策に直前投票出来る国民国会の設立など。一口300円から受け付けてる。上限は一人年間150万円。年間2,000円を超える寄附は所定の手続きにより所得控除を受けることができる。リクエストが多かったゆうちょ銀行対応

http://www.hidetotomabechi.net/

Уравнение, осуществляющее мечты Хидэто Томабэчи
ワークス公式DVD発売中

“第16弾DVD 可能世界ペネトレーション超時空因果再構成の認識と意識"

“第15弾DVD 超時空中密サマージャと超次元オルデン抽象コード"

“第14弾DVD サトリ超次元空間クライミングと抽象度ポテンシャル脱抑制の秘伝"

“第13弾DVD グランドクロスブッダの階梯"

“第12弾DVD 超次元ゲシュタルト構築の奥義"

“第11弾DVD 21世紀の密教実践"

“第10弾DVD 超情報場高次ムドラーとグローバルタントラの包摂"

“第9弾DVD 超越視点の獲得と覚醒"

第8弾DVD 縁起の実践とアプリオリの超越

第7弾DVD 自在観時空マニフォールドと空なる視点の構築

第6弾DVD 空の包摂:西洋汎神と東洋縁起と中観

第5弾DVD 仮空中と超越

第4弾DVD 人類の進化と超情報場

第3弾DVD 現実からの覚醒

第2弾DVD 空の理解と体得

第1弾DVD 超情報場仮説

ワークス参加者必須DVD

ドクター苫米地ワークス
「超情報場仮説」
全てのDVDの基本知識!ワークス参加者も必須!!
http://www.maxpec.net/dvd1/
アマゾンキャンペーン
苫米地英人Page
Twitterフォローはこちら
Twitter: @DrTomabechi
原稿執筆、講演、講義、
取材等の依頼は、
tomabechi.pr@gmail.com


苫米地英人ケータイ公式:
http://dr-tomabechi.jp/
PCからは、http://www.forestpub.co.jp/mobile_dr/

最強の英語脳プログラム「ブレインラーニング」

自信作新iPhoneアプリ
「夢が勝手にかなう手帳 for iPhone」

会員限定バーチャルコーチングサイト「Club Tomabechi」:
http://www.club-tomabechi.com/



ドクター苫米地ワークスクラス随時募集


全くの初心者でも学べるカリキュラム。
勿論上級者にも内容は濃い。
毎月一回のペース。
日程はブログに案内。

私の出張などで日程が変更になることもある。都合が合わず出られない日は、翌月以降の参加で構わない。クラスは、通常の『ドクター苫米地ワークスクラス』3日コースと5日コース、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』、『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』の各クラス。下記をよく読んでからクラスをお選びを。

クラスは13時から20時半。最初の3,4時間は各分野で経験豊かな師範代による講義と実技。その後私の直接指導による講義と実技。内部表現書き換えは、スポーツや武術のように、実技を徹底して練習することで上手くなる。実技時間を長くするために、基本講義をDVDにしてあるので、ワークスDVDを見てから参加して欲しい。基礎理論のワークスDVDのサイトは http://www.maxpec.net/dvd1/index.html 。また、DVDの内容もクラスでしっかり解説するので、DVDが良く分からない人でも参加して大丈夫。 ワークスDVDの視聴は必須ではないが、クラス参加後になっても、最低でも第一弾と第二弾を見て、理論をしっかり理解して欲しい。最近顕著に初心者に教えるノウハウも進化している。また、最近内容が更に進化しているので、過去の卒業生にも是非再受講を勧める。

shihandai3 ワークスクラスは、無意識レベルの対人技術を徹底的に学ぶ。臨床心理系の人にも有用。

統合内部表現の書換えを技術を指導する。更に空手、合気道、柔道、中国拳法などの師範で、古武術の鍛錬を積んだ師範代達による非言語内部表現の書換を指導する。もちろん、安全な環境での実技指導であり、女性や高齢者でも全く問題はない。総合医療的なアプローチに加えて、東洋医学的な医療気功と古武術の関係についても探求する。

Kickもちろん、特別テーマに合わせて、通常のドクター苫米地ワークスプログラムである苫米地流のあらゆる内部表現の書換技術も習得する。

クラスでは、書籍に出来ない技術を教えるので守秘義務が果たされる。


全てのクラスは、医師、歯科医師、臨床心理士、看護士、鍼灸師など広く臨床家にも有用なクラスになる。もちろんコーチングの実践者や弁護士、会計士などのプロフェッショナルにも有用。また、教育関係者にも有用だ。参加資格は特に限定していない。個別に判断して参加をお断りするケースはある。医師、歯科医師、針灸師などの医療系国家資格取得者は更に、併設するドクター苫米地ワークスメディカルコミュニティにメンバー参加することができる。臨床心理士も参加可能。

各日の予定講習時間が13時から20時半。これまでのカリキュラム設計から推測して、各日の進捗状況によっては終了が22時ぐらいになることがあり得るので、地方からの参加者はご注意を。終電の都合などのやむを得ない理由の早退はクラス初日に開始日に申告があれば認められる。カリキュラムを各生徒のレベルと進捗に合わせて随時設計、修正するので、クラス初日に申告のない遅刻、早退は一切認められない。クラス中の体調不良による早退については、常に複数の医師が参加しているので、状況での判断となる。

遅刻の場合、ならびに体調が万全でない場合は、欠席して、後の日程に参加のこと。欠席日は、6ヶ月以内の任意のクラス日程、または、補習日程に参加することができる。クラスは『ドクター苫米地ワークスクラス』3日コースと5日コース、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』、
『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』の各クラス。

ドクター苫米地ワークスクラス、3日または5日の通常カリキュラムに加えて、長期記憶に介入するトラウマ介入の技術や、より高度な臨床認知心理技法を学ぶライセンスクラス、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』カリキュラム。VMPFC (ventromedial prefrontal cortex、前頭前野腹内側部)とDLPFC (dorsolateral prefrontal cortex、前頭前野背外側部)に働きかける認知心理技法の専門家を育てるクラス。不安やクライシス時心理、トラウマ、依存などのテーマも含まれる。また、いわゆる『脱洗脳』の技術も学ぶ。クライシスサイコロジーも含まれる。


また『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』はさらに汎用な上級クラス。これは内弟子に相当する位置づけ。内部表現書き換えなどのスキルと私の代わりにクラスを教える資質が確認された時点でのみ資格が授与される。

私のクラスで教える技術は、公開していない深く内部表現を書き換える技術が含まれており、参加者全員に厳しい守秘義務を果たしている。また、クラス内容に関する問い合わせにも一切答えていない。

最終日には、機能音源と生演奏による大周天気功法も行なう予定。これは、カリキュラムの進捗ではやらない場合もある。

ドクター苫米地ワークスクラスのお問い合わせは、以下のメールアドレスへ。gmailからのメール返信がスパムフィルターされることがあるのでご注意を。

dr.tomabechi.works@gmail.com

に、氏名/年齢/住所/TEL、履歴の入った自己紹介、志望動機を書いて、メールタイトルを 「ライセンス認定クラス合同クラス問い合わせ」として、お問い合わせを。ただクラス内容についてのお問い合わせは受付けていない。このブログ並びにドクター苫米地ワークスDVDの内容からご判断を。延べ1500人を超える医療系並びに一般参加者の両方から内容については常に高評価を受けている。ワークスクラスの内容には、書籍には書くことのできない技術が含まれるので、参加者全員に守秘義務が果たされることを事前に了承したひとのみお問い合わせを。

実技中心のクラスなので、ワークスDVDは第4作まで見終わってから参加して欲しい。ただ、間に合わない場合も、前提知識のない、全くの未経験、初心者でも学べるカリキュラムにしてある。ワークスDVDのサイトは、 http://www.maxpec.net/

VMDLコグニティブセラピストライセンスクラスでカバーするクライシスサイコロジーについては、USTREAM http://www.ustream.tv/recorded/14451458 でも話した通り。ただ、震災から長く経ち、トラウマ記憶が既に長期記憶化してる場合が多く、VMDLコグニティブセラピストライセンスクラスは、長期記憶を防ぐ介入的方法と、長期記憶化されてしまったトラウマ記憶に介入的に働きかける両方の方法を学ぶ。

クライシスサイコロジーの定義は、米国CDC(疾病予防管理センター)に定義がある。

医師、弁護士、会計士、教師、聖職者を含むプロフェッショナル一般向けの介入的な脳と心の書換技術をライセンス行使する苫米地派の資格を認定する「苫米地英人研究所ライセンス認定クラス」は、今月も同時開講するので、広く資格を得たい方は、そちらのクラスを受講して欲しい。両方のクラスを同時受講することもカリキュラム上可能としている。私の名前で、内部表現書換技術を行使することを全世界に私がレファレンスになるというクラスで、レベルが異なる認定である。

本クラス申し込みアドレスと、「苫米地英人研究所ライセンス認定クラス」は今までと同じ。

dr.tomabechi.works@gmail.com

に、氏名/年齢/住所/TEL、履歴の入った自己紹介、志望動機を書いて、メールタイトルを 「ライセンス認定クラス合同クラス問い合わせ」として、お申し込みを。


受付担当はクラス内容の知識はないので、クラス内容についてのご質問は受け付けていない。私が責任をもって指導するという言葉で内容は私に任せてくれる人のみに参加して欲しい。



ワークスクラスの内容には、書籍には書くことのできない技術が含まれるので、参加者全員に守秘義務が果たされる。

『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』と『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』は、全世界で通用するライセンスを発行するクラス。海外からのレファレンスも私が直接対応し、全世界で仕事ができる。また、『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』ライセンス取得者は、専用の特別プログラムを有料で自ら教授する資格も得ることができる。



追記、

また、よく質問を受けるが、「苫米地コーチング」は、これらのクラスとは異なる。これは、私が個別に個人コーチングをしながら、同時に、コーチングを教えてコーチングの資格を認定するもの。従って、上記のそれぞれのクラスとは異なる。



人気動画:

博士の自由な対談約1時間50分



ニコ動e国政対談約2時間


Tech総研インタビュー


・コグニティブリサーチラボのiPhone・ipod touchアプリ「花札こいこい」は http://www.crl.co.jp/iphone/koikoi

『望む未来を本当に実現する脳と心のプログラム』発売中全て私の声で吹き込んである。CD2枚組版とダウンロード版がある。音学.comのページからダウンロードできる。





Dr. Hideto Tomabechi can be
contacted in English at:
tomabechi.pr@gmail.com



フォレスト出版から『英語脳』DVDが発売中。
購入は以下のサイトか全国の書店で出来る。

http://www.forestpub.co.jp/eigo7/


特にアクセスが多い記事↓↓ 

イエス・キリストを理解してない人たちへ、-(仏陀を理解していない人たちも)


『世界金融危機について』


空の分析哲学定義日本語版
苫米地英人



Defining "Emptiness"



・苫米地英人率いるコグニティブリサーチラボのプログラミング技術が味わえるiPhoneアプリ「花札こいこい」は http://www.crl.co.jp/iphone/koikoi

・会員限定バーチャルコーチングサイト「Club Tomabechi」
入会申し込み受付中
 http://www.club-tomabechi.com/
ギャラリー
  • アマゾンキャンペーン 『音楽と洗脳: 美しき和音の正体』http://amzn.to/2xSB9HK (徳間書店)本日開始
  • レクチャー付き機能音源ライブ ー Dr.Tomabechi Lecture&Live 「Just Intonated Functional Harmonic Noise via 50s Gibson, Fender & Dumble」
  • 本日8/18(金)『知の教室』http://amzn.to/2wAL15i アマゾンキャンペーン開始 ライブ招待30名
  • 菊池教泰 PX2国際普及推進部長の書籍が電子書籍化 『超一流アスリートのマインドを身につけて あなたのゴールを達成する!』https://goo.gl/1DNp5r
  • 『苫米地式コーチング大全集』発売
  • 「電通とサイバー洗脳」についての講演会は締め切り間近
ブログ内の記事検索
Archives
Recent Entries
Archives
トラックバックされる時は、当ブログの該当記事をリンク付で紹介してください。アダルト関連のTBはお断りします。
Twitterたっぷり