ドクター苫米地ブログ − Dr. Hideto Tomabechi Official Weblog

苫米地英人博士のオフィシャルブログ --- Dr. Hideto Tomabechi's functional ringtone was featured in Discovery Channel. He heads Dr. Tomabechi Works. He also is an Adjuct Fellow at CyLab, Carnegie Mellon University.

2008年09月

「英語は逆から学べ! 実践編」速くも10 万部突破

547b8aba.jpg「英逆!実践編」また増刷が決まり、お陰様で発売1カ月で10万部突破!

また、バイノーラルとデュアルインダクションによる新メソッドとシャドウイングハードウェアを組み合わせた新教材『50倍速英語脳プログラム』の先行予約特別価格は今日までということだ。このシステムは特に自信作。

「洗脳護身術」 オーディオブック発売開始

gosinjutsu1
gosinjutu2
gosinjutsu3
「洗脳護身術」 オーディオブック、すでに発売開始したそうだ。CDが6枚で398分で3150円でお買い得。http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=2048027000007に情報がある。 音声を実際に聞いてみた。なかなか重みがあっていい。iPodに入れて通勤・通学時におススメする。電車の中で「護身術」練習しながら聞こう。

本日9月27日には、ミャンマー軍による長井さん殺害、一回忌

長井さんとは個人的なお付き合いがあったことから、ミャンマー軍事政権による長井さん殺害に抗議する活動の支援をさせて頂いてきていますが、この活動そのものは、個人というレベルを超えて、私を含む、戦争を憎み、平和を愛する大人たち全ての当然の義務であると考えています。長井さんの殺害事件は二つの危機的問題を孕んでいるのは、皆さんご存じの通りです。ひとつは、ジャーナリストが戦場で殺害されたという事実、もうひとつは、日本人が殺害されたということです。主権国家には本来戦争を起こす権利というものがあります。これは、国際法でも認められた権利です。ただ、これは国際法のルールに則ってフェアに行われるという大前提で許された権利です。かつての日本もこのルールにより、太平洋戦争に突入しました。ミャンマー軍事政権には、自国の内政権があり、また、戦争を起こす権利も持っています。ただ、国際法のルールに従ってです。そしてこの国際法のルールの遵守は検証されなければなりません。その為に、戦場でもジャーナリストには危害を加えないという国際的なルールがあります。主権国家が国際法のルールに則って戦争をしているか、また、自国民の人権を国際的なルールに則って尊重しているかを検証するために不可侵の国際ルールです。 そのルールを守れない国家は戦争を起こす権利を持ちません。ミャンマー軍事政権は、このルールを破りました。あきらかにジャーナリストであることが明らかなカメラを抱えた長井さんを至近距離から背後から撃つという卑劣きわまりない方法で殺害しました。この行為を世界の市民は絶対に許してはいけません。また、そのような軍事国家を国際的に主権国家として認めるわけには行きません。

 

 長井さん殺害のもうひとつの問題は、日本人を殺害したということです。このことに対して日本政府が断固とした態度を取らないことは、海外でその後NGO職員などの日本人の誘拐や殺害が続いているということと無関係ではないでしょう。先に述べたように、国際法で、各主権国家は自国の利益を守るために戦争を起こす権利をもっています。だから、米国のイラク侵攻や、ロシアのグルジア侵攻は、その方法論が国際ルールに則っている限りにおいて許されるわけです。かつての日本はそうして太平洋戦争に突入しました。ところが、戦後の日本は、この国際法で認められている権利を放棄しました。これが憲法で明記されている国は、日本が世界で唯一です。現在の日本人は絶対に戦争を起こさない、そして戦争にも参加しないと自らが宣言している唯一の民族です。そういう日本人だからこそ、我々は世界中のどこにでも日本のパスポートで行くことができるという、我々にとっては当たり前でも、世界的には珍しい特権を持っているのです。日本人は絶対に戦争を起こさない、参加しない。これは日本人が自ら厳しく守り続けており、世界的にも尊重されている我々のルールです。この日本人を戦場で軍人が射殺するということは、日本という国に対する冒涜であり、日本人が代表する世界の平和を愛する人類への挑戦であり、何よりも世界平和への宣戦布告です。これは絶対に許されるべきではありません。日本は、戦争を起こす権利を放棄しました。これと引き換えに、日本人は戦争に巻き込まれない、戦場で殺害されないという権利を手に入れたと言えます。日本人は軍事的に誰の敵でもないからです。この日本人をミャンマー軍事政権が戦場で殺害したという事実は極めて重く受け止めなければならない異常事態です。これは、日本政府が戦争以外のあらゆる手段で報復すべき事件です。また、国連軍が即刻ミャンマー軍事政権に介入すべき事態でしょう。これを、自分たちの選挙に夢中になっている日本の政権は、問題にすらしていないし、また、国連で問題とするという行為にも出ていません。ミャンマーのビジネス顧客としての利点は外務省が強調しますが、そのレベルで語られるべきではない、戦争を放棄した主権国家日本への宣戦布告というレベルで語られるべき異常事態です。日本政府はあらゆる方策を利用して断固対決するべきでしょう。最低でも1年前に経済封鎖に踏み切るべきだったでしょう。さもなければ、日本人が世界に誇れる憲法で歩みつつある世界平和への道を土足で踏みにじる行為を容認しつづけることになるでしょう。

 

このようにジャーナリストの戦場での殺害、そして日本人の戦場での殺害という二重の意味を持って、我々は、ミャンマー軍事政権に、長井さん殺害に対して断固抗議を続けていくものであります。また、これに対してなんら有効な対応をしない我が国の政権に対しても強く抗議をするものです。

 

2008927

長井さん、一回忌にて


長井さん一回忌の様子の日本テレビのニュース映像

長井さん一回忌の様子のニュース映像―携帯電話用

ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議する会ブログ



50倍速英語脳・超実践トレーニングシステム/特許ハードウェアとバイノーラル音源を統合した新次元の英語脳構築プログラムが間もなく完成―特別価格予約受付中

2d2d6768.jpg
1601f7d1.jpg
「英逆」(英語脳)新教材間もなく発売。9月30日まで、先行予約特別価格だそうだ。詳細は以下にある。 『50倍速英語脳プログラム−超実践トレーニング編−』  バイノーラルとデュアルインダクションを組み合わせた超臨場感による英語脳機能音源に周波数特性などを最適化マッチングしたダイナミックミキシングシステムが込みになっている。また、各音源はiPodなどに入れても効果を維持するように設計してあるので、通勤時などでの英語脳構築も可能だ。

※添付画像はバイノーラルCD&ガイドDVDのパッケージと、私の試作品。

明日25日の日経に「超人脳」の広告が出る

明日25日の日経新聞朝刊に「超人脳」(アスコム)の広告が出るそうだ。この本、かなり気合をいれて書いたディベートの本格的なテキストブックなのだが、なぜか、本の表紙にも、広告にもディベートのことが全く書かれていない。あくまで「脳」の本で売りたいというのがアスコムさんの考えのようだ。 ただ、私としては、最強のディベートのテキストブックを一般向けに分かりやすく書いたつもりだ。ディベートは日本人すべてに必要な技術だと思っている。

新刊各著書売れてるようだ

ranking紀伊国屋書店のランキングの様子。お陰様で各新刊著書は売れてるようだ。

「英逆!実践編」8 万部突破

7e7ce2d3.jpg「英語は逆から学べ!実践トレーニング編」また1万部の増刷が決定した。発売10日で8万部突破ということだ。まずは20万部突破して欲しいものだ。

ルータイスいよいよ来日、19日、21日とも講演会の席はまだあるそうだ

アメリカ自己啓発界のリーダーであるルータイスが明日来日する。19日がBWFジャパン主催の1時間半程度のライブレクチャー。東新橋のヤクルトホールで19時開始。(18時開場)。学生3000円、一般5000円。詳細は、BWFジャパンのサイトにある。案内チラシをみて、そのまま当日直接現地支払いでも参加可能。

21日は、アメリカで評判の高いルーライブの日本再現イベント。午前10時から午後8時まで全日。こちらは、BWFジャパンとフォレスト出版の共催。申し込みは、フォレスト出版のサイトから。参加者には、ルーライブ修了証が発行される。これは全世界で通用する修了証だ。

両イベントとも会場を当初の予定より一回り大きいところに移したので、まだ席はあるということ。このルータイスの話を直接聞くのはアメリカでも難しいことなので、このチャンスに是非参加して欲しい。両イベントとも、私も話をする時間をしっかり取ってある。私もとっておきの話をする予定。 

ルータイスについては、「本当はすごい私」(講談社)「努力はいらない!夢実現脳の作り方」(マキノ出版)に、詳しく書いてある。19日、21日の参加者も、できればこの2冊を読んだ上で参加して欲しい。というか、ルーの今回の来日に間に合うようにこの2冊を出版したというのが、背景。

「夢実現脳」アマゾンキャンペーン開始

12cc9e5c.jpg努力はいらない!「夢」実現脳の作り方』のアマゾンキャンペーンが開始した。詳細は、http://www.maxpec.com/

 写真は新宿紀伊國屋1F

『努力はいらない「夢」実現脳の作りかた』増刷決定

努力はいらない「夢」実現脳の作りかた』(マキノ出版)は、今日が正式な発売日で、一昨日売っていた大型書店は先行発売だったようだ。先ほど連絡があって、1万5000部の増刷が今日決まったそうだ。発売当日の増刷決定はマキノ出版では異例ということだ。フォレストなどでは発売日前の増刷決定ということがあったけど。

「夢実現脳」は、アマゾンではすでに在庫切れで順位が落ちたらしい。全国の書店では今日から発売ということなのでまずは書店で探して欲しい。また、明日の朝日新聞に広告が出るそうだ。

『努力はいらない!「夢」実現脳の作り方』発売開始

yumejitugen『努力はいらない!「夢」実現脳の作り方』(マキノ出版)は、見本が昨日届いたので来週あたり発売かと思ったら昨日から発売開始していた。19日のルータイス講演会21日のルーライブに来る人は、講談社の『本当はすごい私』とあわせて是非先に読んで欲しい。PX2のインパクトをできるだけ平易に解説したつもりだ。特に、こちらの本は、理論的背景を、詳細に解説しているので、講談社の本でなんでこの方法が効くのかという疑問を持った人にも、カラクリが理解してもらえると思う。因みに19日の講演会21日のルーライブもかなりの盛況で、予定人数を上回っているそうだが、会場が広いので若干の席数がまだ確保できるので急ぎで参加申し込みを是非。

『努力はいらない!「夢」実現脳の作り方』の発売が開始していたのを気がついてなかったのは、どうやら私ぐらいで、アマゾンでみたら既に32位になっていた。ちなみに、『英語は逆から学べ!実践編』は、まだ1位をキープ中。『脳の履歴書』が55位、『超人脳』は107位だった。『超人脳』はディベートの原論のようなつもりで気合いをいれて正月返上で書き上げた本で、是非、ロングセラーとして多くの人に読んで欲しいのだが。

「脳の履歴書」アマゾンキャンペーン開始

自伝ドクター苫米地「脳の履歴書」―この「成功哲学」に学べ』のアマゾンキャンペーンが開始した。申込は、こちらのページから。ドクター苫米地ワークス無料招待等の特典あり。有料で申し込んだ人で当選した場合は、全額が返済される。

「脳の履歴書」本日発売開始

ishizakajiden「自伝ドクター苫米地『脳の履歴書』」(主婦と生活社)本日発売開始。かなりインパクトのある未公開の話も書いてある。また、貴重な子供の頃の写真も入っている。

「英語は逆から学べ」7 万部突破

nakazawaeigyakuアマゾンで1位が続いてる「英語は逆から学べ!実践トレーニング編」は、3刷決定。早くも7万部突破した。 写真は、親友の前田日明と仕掛けている不良の(更正)総合格闘イベント「アウトサイダー」のラウンドガール。アウトサイダーは10月19日開催。チケットピアでチケットがまだ買えるかも。

前田日明と密談中

maedaunagi写真では分かりづらい、巨大な一人前7200円の特上大盛り鰻重を食べながら

ルータイス来日記念講演会「日本が変わる〜世界が変わる 夢を育む教育プログラム PX2グローバルレポート」

9月19日にルータイス来日記念講演会が開催される。9月19日金曜日19時から21時。東新橋ヤクルト本社ビルのヤクルトホールにて、BWFジャパンのホームページから申し込める。一般5000円、学生は3000円というルータイスと時間を共有するのにはあり得ないぐらいの低価格に設定した。彼の来日は極めて貴重な機会なので是非参加して欲しい。英語で同時通訳が入る。また私が日本語で30分程度サマリーを最後にする予定。 こちらにおいてある案内チラシの2枚目を印刷してFAXで申し込みすることも可能。

また、9月21日のルータイスの一日「ルーライブ」(ルータイスX苫米地英人スーパーライブ)もまだ若干名の余裕があるそうなので、この貴重な機会を是非活かして欲しい。アメリカでは実績のあるイベントで、彼の評価を確立したイベントでもある。これを日本で再現することにした。こちらは午前10時から午後7時までのルータイス自身によるPX2一日セミナー。同時通訳がこちらも入るが、日本の人たちがしっかり「ルーライブ」体験ができるように、また、最新の成果も加えられるようにと、私も最後に話を時間をとってしっかりとする。こちらの申込はフォレストのページからできる。

今後の彼の来日は予定されていないので、是非、ルータイスを体験して欲しい。私自身も重要プロジェクトでの渡航先からこのイベントに合わせて帰国して、そのまま海外渡航するので、私の講演会という意味でも、この二つのイベントは貴重なはずだ。

「英語は逆から学べ!実践トレーニング編」アマゾン1位獲得

eigyakuamazon「英語は逆から学べ!実践トレーニング編」(フォレスト)、先ほどアマゾン1位になっていた。ちなみに「超人脳」(アスコム)は32位、「本当はすごい私」(講談社)は58位だった。

ドクター苫米地ワークス9月クラスお問い合わせを再送してください

ドクター苫米地ワークスの運営を委託しているマクスペックさんのメールサーバに大量のスパムメールがあり、ディスククオータにより、今月1日以降のメールが跳ね返っていたようです。ですから、9月1日以降にドクター苫米地ワークスクラスの問い合わせをされた方は再度、seminar@maxpec.com にお問い合わせのメールをお願い致します。 また、来月以降は、問い合わせ先のサーバを変更することも考えています。

9月のドクター苫米地ワークスクラスは、『超人脳』発売記念の特別クラスです。今週末からの9月13,14,15,27,28日 の5日間です。4日間以上からの参加が可能。欠席日がある場合は10月以降に補習が受けられます。6日間で申し込んで10月以降のクラスに1日出席することも可能。苫米地英人が全日直接指導します。

クラス参加のお問い合わせは、
seminar@maxpec.com
に氏名/年齢/住所/TEL、履歴の入った自己紹介、志望動機を書いて、メールタイトルを「ドクター苫米地ワークスクラス問い合わせ」として、お問い合わせください。「セルフパーシャルファンクションと内部表現書き替え」と「英語脳実践編」に加えて『超人脳』特別カリキュラムを今月は学びます。

現在のところ、まだ人数には余裕がありますが、8月末までの申込状況のみ把握している状態ですので、ご希望の方はお急ぎください。

また、返信メールが文字化けしたりする場合は、question@tomabechi.com にお問い合わせください。

また、「超人脳アマゾンキャンペーン」をお申し込みの方でメールが不達の方も念のため再送してください。

「英語は逆から学べ! 実践トレーニング編」、アマゾンキャンペーンも開始

英語は逆から学べ!実践トレーニング編」のアマゾンキャンペーンが本日から開始した。詳細は、フォレストさんのこちらのページ。「英語は逆から学べ」はアマゾン1位をかなりの長期間続けていたけど、今回の本もそうなるかな。

「英語は逆から学べ! 実践トレーニング編」今日から電車広告が開始

yamateline今日から本格的に「英語は逆から学べ! 実践トレーニング編」のプロモーションが始まるようだ。明日は、朝日と読売に広告が出るそうだ。



「超人脳のつくり方」アマゾンキャンペーン本日開始

超人脳のつくり方」のアマゾンキャンペーンが本日スタートした。特典は、1名をドクター苫米地ワークスクラスに無料ご招待。そして15名を非公開の「出版記念特別イベント」(日程未定)に無料ご招待。ドクター苫米地ワークスクラスは最近特にパワーアップしているので、是非応募して欲しい。キャンペーンの応募詳細は、こちらのページ

「超人脳の作り方」好調ということだ。

choujinCA超人脳の作り方」(アスコム)は、東京だけでなく地方でも売り切れ店が続出だそうだ。大手書店からの追加注文は特に好調だそう。今回の本には「読者限定無料プレゼント」として、私の語り下ろし音声セミナーの特典があるのでかなりお買い得なはず。


『ルー・タイス×苫米地英人のスーパーライブ』申込受付中

 

9/21 自己啓発界最高峰のルー・タイス日本上陸!

『ルー・タイス×苫米地英人のスーパーライブ』申込受付中


louticeandtomabechiseminar

 

米国自己啓発界の最高権威ルータイスと、私のコラボレーションによるスーパーライブセミナーが開催される。

日程は9月21日(日)の10:30〜19:45までの一日セミナー。

すでに多くの席が埋まっており、残りは25席しか残っていないとのこと。
 
このセミナーでは、スコトーマを外し、自分自身に行う自己変革の技術(PX2)や網様体賦活系(RAS)、アファメーション、セルフイメージなど最新認知科学の研究成果と機能脳科学が組み込まれた技術を通じて、人間の呼吸の速度が一定のように、体温が一定のように、無意識が勝手に本当のゴールを達成してくれる方法やテクニックについてのルータイス自身のライブセミナー。私は苫米地ワークス式の方法論の統合的なモデルと超臨場感化テクニック、アンカー秘伝技術などを教える。何といっても、ルータイスと同じ場を共有できるという極めて稀な体験をできる。かつてのミルトンエリクソンと並ぶ世界トップレベルの「無意識の大家」の場を実感して、体得していって欲しい。

 今回のセミナーは、主催:BWFジャパン、協賛:フォレスト出版。
残席が少なくなってきたとのことだが、今年のメインテーマでもあるので、ぜひ、聞いて体感してほしい。

 
詳細は http://www.forestpub.co.jp/seminar-shosai.cfm?LID=20099 にある。

 

「英語は逆から学べ実績トレーニング編」の見本がとどいた。

eigyaku2東京、大阪などの一部の大型書店で明日から先行発売ということだ。正式名称は、ちょっと長くて「英語は逆から学べ!実践トレーニング編 ~聴くだけで英語脳ができるバイノーラルCD付き!~」 「英逆実践編」という略称にしようかな。

付属のバイノーラルCDは、必ずステレオで両耳で聞くように。ヘッドフォンかイヤフォンで。ステレオでもスピーカからだと大分効果が落ちる。iPodなどに入れて聞くのもOKだけれども、MP3やAACに圧縮するときは、できるだけ高音質で。ちなみに、iTuneの標準設定の128KbpsステレオAACなら全く問題ないのでそのままで大丈夫。


livedoor プロフィール
苫米地英人公式サイト
http://www.hidetotomabechi.com/


Facebook

BWFインターナショナル
各地のPX2セミナー情報
http://bwf.or.jp/

TPIジャパン
TPIEディプロマクラス
http://www.tpijapan.org//

TICEコーチング
http://www.ticecoach.org/

苫米地式コーチング公式サイト
http://tomabechicoaching.jp/

コグニティブリサーチラボ
http://www.crl.co.jp/

公式オリジナル電子書籍
電子書籍のリストは、

http://www.hidetotomabechi.com/category/dbook/


上記にない最新のコグニティブリサーチラボ刊行の電子書籍は以下、

http://www.crl.co.jp/books.html


サイゾー刊行の電子書籍は、以下のサイゾー->メディア事業->電子書籍

http://cyzo.co.jp/

携帯からはQRコードで
QRコード
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
ロシアテレビ局
出演インタビュー
Interview
Russian TV Station
≪В. Гости≫
Хидето Томабэчи.
1df6d75f.jpg


1df6d75f.jpg

1df6d75f.jpg

0f4bfebc.jpg

0dace6fd.jpg
無料メルマガ登録
人生が変わる!
ドクター苫米地の
7日間動画コーチング
メールアドレス:
10月のクラブ苫米地
CLUB TOMABECHI
10月も興味深い話題が続々と登場!
バーチャルコーチングサイト「クラブ苫米地」 http://www.club-tomabechi.com/ 会員募集中!
ニコ動苫米地英人ブロマガ
献金サイト
『日本買収計画』(サイゾー刊) http://amzn.to/Zsx1CUなどで展開している政策実現のための献金サイトが出来た。詳しくは、『日本買収計画』を、是非読んで欲しい。国民ひとりコーヒー一杯分で日本を国民の手に取り戻す。国民がインターネットで重要政策に直前投票出来る国民国会の設立など。一口300円から受け付けてる。上限は一人年間150万円。年間2,000円を超える寄附は所定の手続きにより所得控除を受けることができる。リクエストが多かったゆうちょ銀行対応

http://www.hidetotomabechi.net/

ワークス公式DVD発売中

“第17弾DVD 分散動的自己構成エネルジーア自律知能化と生命素粒子そして進化"

“第16弾DVD 可能世界ペネトレーション超時空因果再構成の認識と意識"

“第15弾DVD 超時空中密サマージャと超次元オルデン抽象コード"

“第14弾DVD サトリ超次元空間クライミングと抽象度ポテンシャル脱抑制の秘伝"

“第13弾DVD グランドクロスブッダの階梯"

“第12弾DVD 超次元ゲシュタルト構築の奥義"

“第11弾DVD 21世紀の密教実践"

“第10弾DVD 超情報場高次ムドラーとグローバルタントラの包摂"

“第9弾DVD 超越視点の獲得と覚醒"

第8弾DVD 縁起の実践とアプリオリの超越

第7弾DVD 自在観時空マニフォールドと空なる視点の構築

第6弾DVD 空の包摂:西洋汎神と東洋縁起と中観

第5弾DVD 仮空中と超越

第4弾DVD 人類の進化と超情報場

第3弾DVD 現実からの覚醒

第2弾DVD 空の理解と体得

第1弾DVD 超情報場仮説

ワークス参加者必須DVD

ドクター苫米地ワークス
「超情報場仮説」
全てのDVDの基本知識!ワークス参加者も必須!!
http://www.maxpec.net/dvd1/
アマゾンキャンペーン
苫米地英人Page
Twitterフォローはこちら
原稿執筆、講演、講義、
取材等の依頼は、
tomabechi.pr@gmail.com


苫米地英人ケータイ公式:
http://dr-tomabechi.jp/
PCからは、http://www.forestpub.co.jp/mobile_dr/

最強の英語脳プログラム「ブレインラーニング」


ドクター苫米地ワークスクラス随時募集


全くの初心者でも学べるカリキュラム。
勿論上級者にも内容は濃い。
毎月一回のペース。
日程はブログに案内。

私の出張などで日程が変更になることもある。都合が合わず出られない日は、翌月以降の参加で構わない。クラスは、通常の『ドクター苫米地ワークスクラス』3日コースと5日コース、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』、『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』の各クラス。下記をよく読んでからクラスをお選びを。

クラスは13時から20時半。最初の3,4時間は各分野で経験豊かな師範代による講義と実技。その後私の直接指導による講義と実技。内部表現書き換えは、スポーツや武術のように、実技を徹底して練習することで上手くなる。実技時間を長くするために、基本講義をDVDにしてあるので、ワークスDVDを見てから参加して欲しい。基礎理論のワークスDVDのサイトは http://www.maxpec.net/dvd1/index.html 。また、DVDの内容もクラスでしっかり解説するので、DVDが良く分からない人でも参加して大丈夫。 ワークスDVDの視聴は必須ではないが、クラス参加後になっても、最低でも第一弾と第二弾を見て、理論をしっかり理解して欲しい。最近顕著に初心者に教えるノウハウも進化している。また、最近内容が更に進化しているので、過去の卒業生にも是非再受講を勧める。

shihandai3 ワークスクラスは、無意識レベルの対人技術を徹底的に学ぶ。臨床心理系の人にも有用。

統合内部表現の書換えを技術を指導する。更に空手、合気道、柔道、中国拳法などの師範で、古武術の鍛錬を積んだ師範代達による非言語内部表現の書換を指導する。もちろん、安全な環境での実技指導であり、女性や高齢者でも全く問題はない。総合医療的なアプローチに加えて、東洋医学的な医療気功と古武術の関係についても探求する。

Kickもちろん、特別テーマに合わせて、通常のドクター苫米地ワークスプログラムである苫米地流のあらゆる内部表現の書換技術も習得する。

クラスでは、書籍に出来ない技術を教えるので守秘義務が果たされる。


全てのクラスは、医師、歯科医師、臨床心理士、看護士、鍼灸師など広く臨床家にも有用なクラスになる。もちろんコーチングの実践者や弁護士、会計士などのプロフェッショナルにも有用。また、教育関係者にも有用だ。参加資格は特に限定していない。個別に判断して参加をお断りするケースはある。医師、歯科医師、針灸師などの医療系国家資格取得者は更に、併設するドクター苫米地ワークスメディカルコミュニティにメンバー参加することができる。臨床心理士も参加可能。

各日の予定講習時間が13時から20時半。これまでのカリキュラム設計から推測して、各日の進捗状況によっては終了が22時ぐらいになることがあり得るので、地方からの参加者はご注意を。終電の都合などのやむを得ない理由の早退はクラス初日に開始日に申告があれば認められる。カリキュラムを各生徒のレベルと進捗に合わせて随時設計、修正するので、クラス初日に申告のない遅刻、早退は一切認められない。クラス中の体調不良による早退については、常に複数の医師が参加しているので、状況での判断となる。

遅刻の場合、ならびに体調が万全でない場合は、欠席して、後の日程に参加のこと。欠席日は、6ヶ月以内の任意のクラス日程、または、補習日程に参加することができる。クラスは『ドクター苫米地ワークスクラス』3日コースと5日コース、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』、
『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』の各クラス。

ドクター苫米地ワークスクラス、3日または5日の通常カリキュラムに加えて、長期記憶に介入するトラウマ介入の技術や、より高度な臨床認知心理技法を学ぶライセンスクラス、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』カリキュラム。VMPFC (ventromedial prefrontal cortex、前頭前野腹内側部)とDLPFC (dorsolateral prefrontal cortex、前頭前野背外側部)に働きかける認知心理技法の専門家を育てるクラス。不安やクライシス時心理、トラウマ、依存などのテーマも含まれる。また、いわゆる『脱洗脳』の技術も学ぶ。クライシスサイコロジーも含まれる。


また『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』はさらに汎用な上級クラス。これは内弟子に相当する位置づけ。内部表現書き換えなどのスキルと私の代わりにクラスを教える資質が確認された時点でのみ資格が授与される。

私のクラスで教える技術は、公開していない深く内部表現を書き換える技術が含まれており、参加者全員に厳しい守秘義務を果たしている。また、クラス内容に関する問い合わせにも一切答えていない。

最終日には、機能音源と生演奏による大周天気功法も行なう予定。これは、カリキュラムの進捗ではやらない場合もある。

ドクター苫米地ワークスクラスのお問い合わせは、以下のメールアドレスへ。gmailからのメール返信がスパムフィルターされることがあるのでご注意を。

dr.tomabechi.works@gmail.com

に、氏名/年齢/住所/TEL、履歴の入った自己紹介、志望動機を書いて、メールタイトルを 「ライセンス認定クラス合同クラス問い合わせ」として、お問い合わせを。ただクラス内容についてのお問い合わせは受付けていない。このブログ並びにドクター苫米地ワークスDVDの内容からご判断を。延べ1500人を超える医療系並びに一般参加者の両方から内容については常に高評価を受けている。ワークスクラスの内容には、書籍には書くことのできない技術が含まれるので、参加者全員に守秘義務が果たされることを事前に了承したひとのみお問い合わせを。

実技中心のクラスなので、ワークスDVDは第4作まで見終わってから参加して欲しい。ただ、間に合わない場合も、前提知識のない、全くの未経験、初心者でも学べるカリキュラムにしてある。ワークスDVDのサイトは、 http://www.maxpec.net/

VMDLコグニティブセラピストライセンスクラスでカバーするクライシスサイコロジーについては、USTREAM http://www.ustream.tv/recorded/14451458 でも話した通り。ただ、震災から長く経ち、トラウマ記憶が既に長期記憶化してる場合が多く、VMDLコグニティブセラピストライセンスクラスは、長期記憶を防ぐ介入的方法と、長期記憶化されてしまったトラウマ記憶に介入的に働きかける両方の方法を学ぶ。

クライシスサイコロジーの定義は、米国CDC(疾病予防管理センター)に定義がある。

医師、弁護士、会計士、教師、聖職者を含むプロフェッショナル一般向けの介入的な脳と心の書換技術をライセンス行使する苫米地派の資格を認定する「苫米地英人研究所ライセンス認定クラス」は、今月も同時開講するので、広く資格を得たい方は、そちらのクラスを受講して欲しい。両方のクラスを同時受講することもカリキュラム上可能としている。私の名前で、内部表現書換技術を行使することを全世界に私がレファレンスになるというクラスで、レベルが異なる認定である。

本クラス申し込みアドレスと、「苫米地英人研究所ライセンス認定クラス」は今までと同じ。

dr.tomabechi.works@gmail.com

に、氏名/年齢/住所/TEL、履歴の入った自己紹介、志望動機を書いて、メールタイトルを 「ライセンス認定クラス合同クラス問い合わせ」として、お申し込みを。


受付担当はクラス内容の知識はないので、クラス内容についてのご質問は受け付けていない。私が責任をもって指導するという言葉で内容は私に任せてくれる人のみに参加して欲しい。



ワークスクラスの内容には、書籍には書くことのできない技術が含まれるので、参加者全員に守秘義務が果たされる。

『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』と『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』は、全世界で通用するライセンスを発行するクラス。海外からのレファレンスも私が直接対応し、全世界で仕事ができる。また、『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』ライセンス取得者は、専用の特別プログラムを有料で自ら教授する資格も得ることができる。



追記、

また、よく質問を受けるが、「苫米地コーチング」は、これらのクラスとは異なる。これは、私が個別に個人コーチングをしながら、同時に、コーチングを教えてコーチングの資格を認定するもの。従って、上記のそれぞれのクラスとは異なる。



人気動画:

博士の自由な対談約1時間50分



ニコ動e国政対談約2時間


Tech総研インタビュー


・コグニティブリサーチラボのiPhone・ipod touchアプリ「花札こいこい」は http://www.crl.co.jp/iphone/koikoi

『望む未来を本当に実現する脳と心のプログラム』発売中全て私の声で吹き込んである。CD2枚組版とダウンロード版がある。音学.comのページからダウンロードできる。





Dr. Hideto Tomabechi can be
contacted in English at:
tomabechi.pr@gmail.com



フォレスト出版から『英語脳』DVDが発売中。
購入は以下のサイトか全国の書店で出来る。

http://www.forestpub.co.jp/eigo7/


特にアクセスが多い記事↓↓ 

イエス・キリストを理解してない人たちへ、-(仏陀を理解していない人たちも)


『世界金融危機について』


空の分析哲学定義日本語版
苫米地英人



Defining "Emptiness"



本ブログのコメント並びにトラックバックルールは以下です。

このブログの基本的考え方は、ブログ閲覧者に対する匿名性は維持しますが、私に対する匿名性はお断りという考え方です。私が実名で表現している以上、私に対しては実名で意見を述べて欲しいという基本的考え方とご理解ください。

従って、このブログにコメントするときは、コメント欄のメールアドレス欄に、YahooやGoogle、hotmailなどのフリーメールアドレスではない、プロバイダーや携帯電話などの実メールアドレス、もしくは、本人の携帯電話番号、出来ればその両方と実名をお書きください。従って、メールアドレス欄は、

xxxx@yyyy.or.jp 09012345678 苫米地英人

のようになります。

ブログコメント時に、メールアドレス記入欄に「入力すると公開されます」と表示されるが、こちらで削除してから公開するので、ブログには反映されません。

一方、URL欄に自身のブログアドレスなどを記入する場合は、これはブログに反映されます。

以上のルールに従ってないコメントは内容の如何に関わらず、一切反映されません。ただ、同じハンドルネームを継続的に使っている場合で、同じIPアドレスからの投稿の場合は2回目からは、メールアドレスのみでも構いません。

また、どうしても匿名で意見を述べたい人は、私のtwitterのアカウントの方にお願いします。こちらは、@drtomabechi です。