ドクター苫米地ブログ − Dr. Hideto Tomabechi Official Weblog

苫米地英人博士のオフィシャルブログ --- Dr. Hideto Tomabechi's functional ringtone was featured in Discovery Channel. He heads Dr. Tomabechi Works. He also is an Adjuct Fellow at CyLab, Carnegie Mellon University.

2008年07月

キューバ女子柔道オリンピックチームが結団式を行なった


cubajudo1キューバは26日革命55周年だった。キューバ女子柔道オリンピックチームも決断式を国際武道大学で勝浦市長らの出席で行った。来賓で出席した。 隣は48キロ級で谷亮子選手であたるヤネルト・ベルモイ選手。国際武道大学での極秘練習中の彼女のインタビューは今週の週刊ポストに出ている。






cubajudo2

扶桑社に対して法的アクションに入った

週刊SPA7月29日号に「年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方」(宝島社)の中傷記事が出た。既に民事、刑事を視野に法的手続きに入った。マスコミの無責任な姿勢が社会の問題を大きくするばかりの現在、こういった無法行為は見逃さない。特に、「情報商材」という文言は、事実と異なり、名誉毀損のみならず、営業妨害としての賠償対象である。SPAは、担当の後藤氏を含め付き合いが長いはずで、また、最近のYen SPAでは、特集記事まで協力したばかりであるのに、明らかなる背信行為である。扶桑社は今後お付き合いをお断りする。

「年収が10倍アップする 超金持ち脳の作り方」(宝島社)、増刷だそうだ

超金持ち脳」売れているようで、増刷だそうだ。

「洗脳」の書評が出た

現在発売中の読売ウィークリーに「洗脳」(三才ブックス)の書評が出ている。

ファニーメイとフレディマックの本当の役割は、BIS逃れと日本の銀行潰し

ファニーメイとフレディマック、増資能力めぐり株・債券が急落

UPDATE2: 米政府、ファニーメイとフレディマックを政府管理下に置くことを検討=NYタイムズ

連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の株価と債権の下落が米国証券市場では大きなニュースになっている。もちろん、サブプライム問題のあおりだが、サブプライム問題のカラクリをおそらく日本どころか世界でもいち早く明かした、著書『洗脳支配』の出版以来、いろいろな有識者にヒアリングしてきたが、これらの機関がどういう役割を果たしてきたかの本当の役割を理解している人は経済学者でも少ないようである。

これらの機関は簡単にいうと、一方で日本の銀行を潰し、もう一方では、アメリカを中心とした国際金融資本をボロ儲けさせるための重要な役割を果たしてきた機関である。すでに日本の銀行もほぼ欧米資本傘下に収まった現在、これらの機関の役割も終了したと言っていいのだろう。

全ての因果の因は、BIS規制にある。BIS規制(バーゼルI)と新BIS規制(バーゼルII)については、『洗脳支配』に書いた。銀行の貸出残高に対する自己資本比率を一定に維持せよというのがBIS規制の中心である。もちろん、これを当時の政権並びに大蔵省が邦銀に厳しく果たし、バブルの崩壊と、興長銀、都銀がどんどん、合併を繰り返し、また外資化していくという最大の要因となったことは周知の通りである。また、現在でも、BISを満たすために、不動産会社への融資の貸しはがしが続いているという事実もある。数か月前には知り合いの大手不動産会社が貸しはがしにより倒産した。

BIS規制は貸付金のみならず、短期取引の株式保有もリスク要因として自己資本を一定額積まなければならないが、バーゼルI においては、連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)を通した不動産証券化(いわゆるREIT)金融商品は意図的に融資残高から外されたのである。つまり、不動産融資を直接銀行が住宅ローンとして貸し付けると、BIS規制の対象になるが、そのローンをファニーメイやフレディマックを通じて証券化するとBISの対象外になるのである。実際、シティバンクはこれを利用して10兆円の融資枠をファニーメイに当時設定している。

つまり、ファニーメイやフレディマックの役割は、米国の巨大銀行のBIS規制逃れであったのである。これはFRB主導のもとで行われた施策である。当時、日本の大蔵省が同じように、住宅金融公庫などの政府系金融機関を経由した不動産証券化金融商品を、米国と同様にBIS適用外として政策を決定していれば、日本の銀行はつぶれたり、合併を繰り返したり、その結果外資化しないでも済んだのである。米国の巨大金融資本は事実上BISの対象外にされ、日本の銀行だけに厳しいBISが果たされたのだから、国際金融市場の競争で邦銀が勝てるわけがなかった。

日本のバブル経済も、邦銀にも同じ施策をしていれば、現在ぐらいまで続いた可能性さえあるのである。当時の政権政党は本当に頭が悪くて、米国巨大銀行のBIS逃れを気がつかなかったのか、分かっていて、日本の銀行と日本人の貯金を外資に渡すために、わざわざ、額面通りのBIS適用を日本の銀行に強いたかのどちらかである。不動産の証券化を政府機関を通して行う以外にも、たとえば年金基金でむだな施設をつくる代わりに特別会計から、一時的に資本の部に国が各銀行に資金を積むという方法だってあった。それどころか、東京銀行以外の銀行は国際決済をせずにBIS規制対象とするのは、東京銀行だけで、その他の銀行は国際決済を東京銀行に委託するというだけでもよかったのである。当時の政権はあえて日本の銀行潰しを選択したとしか思えないのである。もちろん、それらの判断を下した官僚や政治家が現在でも日本の金融政策の中心にいるというのも言うまでもない。

ところで、日本の国債さえも、逆ザヤリスクから新BIS規制(バーゼルII)では、リスク要因として自己資本を積めという現況では、REIT商品は政府機関を通じても今後は、BIS規制対象になることは間違いないので、もはやこの手法は適用不能である。つまり、ファニーメイやフレディマックの役割は終了したのである。もちろん、いまさら日本の政権や財務省が真似しようとしても既に遅い。

とにかく、日本の政府は、あまりにファイナンスについて知識と経験がなさすぎる。現在はファイナンスの知識と能力が国そのものの行く末を決めるのである。また、知識があるのは、日本を外資に渡す人ばかりという事実もある。


今週末土日のPX2-B 日程は定員まで後7 名。

d5f08e11.jpg明日、明後日(土日)のPX2のB日程は後7名で定員。参加希望者は至急 http://www.bwfjapan.com から申し込みを。申し込みしたページを印刷して明日持参すれば参加可能。参加希望者は現金持参ではなく、明日振り込み用紙を会場で受け取って火曜日までの振り込みになる。

金、月のA日程はすでに申し込み終了。

PX2修了者は国際認定登録される。

次作仕上げ執筆中

blueriver
ミーティングの合間に執筆中。上海のことも書いたので、どの本を上海で仕上げたか来月あたり出版の著書で分かるはず。窓の外はライトアップ。

スターバックス

5abb6618.jpg

シアトル一号店と同じ味。世界中どこに行っても各社編集担当の「まだでしょうか」携帯コールとスタバからは離れられない。上海でも原稿はしっかり書いている。

starbucks

小籠包

昼食会。中国でも出版になりそう。shouronpo






Window

上海は時差一時間

b9027a1c.jpg

17275891.jpg






59a74a55.jpg










週末からのPX2はまだ定員になってないそうなので、是非ご参加を。 中国にもルータイスプログラムは、オリンピック委員会などで本格上陸開始だそうだ。

上海出張中

aa8fa336.jpg


16fce034.jpg


スィートの雰囲気。 川沿いで眺望がアーティスティックな感じ。


shangrila2





shangrila1

7月苫米地ワークスクラス、7月20,26,27,8月2,3日 の5日間に変更

7月のドクター苫米地ワークスは、7月21日に某大使館の依頼案件が急遽入ったため、7月20,26,27,8月2,3日の5日間に変更になった。6日間割引はそのまま利用可能なので、まだ定員ではないので、これから参加申込の方は、5日間で申し込むか、6日間で申し込んでおいて、来月以降に一日補習として受講することも可能。すでに、6日間で振り込み済みの人は、初日に5日コースとの差額3万円の返金処理を申し込むか、来月以降に1日補習を受けるかの選択が可能。

角川春樹の「生涯不良」焼酎ができた。

65d614a8.jpg
e012b604.jpg
本格熟成焼酎限定2000本。販売元いなば酒店0120-122-178。角川春樹による不良の定義が同梱されている。

今日は角川春樹祭主による中元祭の神事だった。

ミランカ「博士も知らないニッポンのウラ」に出演中

インターネット放送のミランカ http://miranca.com/ の「博士も知らないニッポンのウラ」に出演中。配信期間は、7月1日から7月31日だそうだ。30回1部と20回2部に出演している。インタビューアーは水道橋博士と宮崎哲弥。無料で視聴できる。
livedoor プロフィール
苫米地英人公式サイト
http://www.hidetotomabechi.com/


Facebook

BWFインターナショナル
各地のPX2セミナー情報
http://bwf.or.jp/

TPIジャパン
TPIEディプロマクラス
http://www.tpijapan.org//

TICEコーチング
http://www.ticecoach.org/

苫米地式コーチング公式サイト
http://tomabechicoaching.jp/

コグニティブリサーチラボ
http://www.crl.co.jp/

公式オリジナル電子書籍
電子書籍のリストは、

http://www.hidetotomabechi.com/category/dbook/


上記にない最新のコグニティブリサーチラボ刊行の電子書籍は以下、

http://www.crl.co.jp/books.html


サイゾー刊行の電子書籍は、以下のサイゾー->メディア事業->電子書籍

http://cyzo.co.jp/

携帯からはQRコードで
QRコード
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
ロシアテレビ局
出演インタビュー
Interview
Russian TV Station
≪В. Гости≫
Хидето Томабэчи.
1df6d75f.jpg


1df6d75f.jpg

1df6d75f.jpg

0f4bfebc.jpg

0dace6fd.jpg
無料メルマガ登録
人生が変わる!
ドクター苫米地の
7日間動画コーチング
メールアドレス:
3月のクラブ苫米地
CLUB TOMABECHI
3月も興味深い話題が続々と登場!
バーチャルコーチングサイト「クラブ苫米地」 http://www.club-tomabechi.com/ 会員募集中!
ニコ動苫米地英人ブロマガ
献金サイト
『日本買収計画』(サイゾー刊) http://amzn.to/Zsx1CUなどで展開している政策実現のための献金サイトが出来た。詳しくは、『日本買収計画』を、是非読んで欲しい。国民ひとりコーヒー一杯分で日本を国民の手に取り戻す。国民がインターネットで重要政策に直前投票出来る国民国会の設立など。一口300円から受け付けてる。上限は一人年間150万円。年間2,000円を超える寄附は所定の手続きにより所得控除を受けることができる。リクエストが多かったゆうちょ銀行対応

http://www.hidetotomabechi.net/

Уравнение, осуществляющее мечты Хидэто Томабэчи
ワークス公式DVD発売中

“第15弾DVD 超時空中密サマージャと超次元オルデン抽象コード"

“第14弾DVD サトリ超次元空間クライミングと抽象度ポテンシャル脱抑制の秘伝"

“第13弾DVD グランドクロスブッダの階梯"

“第12弾DVD 超次元ゲシュタルト構築の奥義"

“第11弾DVD 21世紀の密教実践"

“第10弾DVD 超情報場高次ムドラーとグローバルタントラの包摂"

“第9弾DVD 超越視点の獲得と覚醒"

第8弾DVD 縁起の実践とアプリオリの超越

第7弾DVD 自在観時空マニフォールドと空なる視点の構築

第6弾DVD 空の包摂:西洋汎神と東洋縁起と中観

第5弾DVD 仮空中と超越

第4弾DVD 人類の進化と超情報場

第3弾DVD 現実からの覚醒

第2弾DVD 空の理解と体得

第1弾DVD 超情報場仮説

ワークス参加者必須DVD

ドクター苫米地ワークス
「超情報場仮説」
全てのDVDの基本知識!ワークス参加者も必須!!
http://www.maxpec.net/dvd1/
アマゾンキャンペーン
苫米地英人Page
Twitterフォローはこちら
Twitter: @DrTomabechi
原稿執筆、講演、講義、
取材等の依頼は、
tomabechi.pr@gmail.com


苫米地英人ケータイ公式:
http://dr-tomabechi.jp/
PCからは、http://www.forestpub.co.jp/mobile_dr/

最強の英語脳プログラム「ブレインラーニング」

自信作新iPhoneアプリ
「夢が勝手にかなう手帳 for iPhone」

会員限定バーチャルコーチングサイト「Club Tomabechi」:
http://www.club-tomabechi.com/



ドクター苫米地ワークスクラス随時募集


全くの初心者でも学べるカリキュラム。
勿論上級者にも内容は濃い。
毎月一回のペース。
日程はブログに案内。

私の出張などで日程が変更になることもある。都合が合わず出られない日は、翌月以降の参加で構わない。クラスは、通常の『ドクター苫米地ワークスクラス』3日コースと5日コース、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』、『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』の各クラス。下記をよく読んでからクラスをお選びを。

クラスは13時から20時半。最初の3,4時間は各分野で経験豊かな師範代による講義と実技。その後私の直接指導による講義と実技。内部表現書き換えは、スポーツや武術のように、実技を徹底して練習することで上手くなる。実技時間を長くするために、基本講義をDVDにしてあるので、ワークスDVDを見てから参加して欲しい。基礎理論のワークスDVDのサイトは http://www.maxpec.net/dvd1/index.html 。また、DVDの内容もクラスでしっかり解説するので、DVDが良く分からない人でも参加して大丈夫。 ワークスDVDの視聴は必須ではないが、クラス参加後になっても、最低でも第一弾と第二弾を見て、理論をしっかり理解して欲しい。最近顕著に初心者に教えるノウハウも進化している。また、最近内容が更に進化しているので、過去の卒業生にも是非再受講を勧める。

shihandai3 ワークスクラスは、無意識レベルの対人技術を徹底的に学ぶ。臨床心理系の人にも有用。

統合内部表現の書換えを技術を指導する。更に空手、合気道、柔道、中国拳法などの師範で、古武術の鍛錬を積んだ師範代達による非言語内部表現の書換を指導する。もちろん、安全な環境での実技指導であり、女性や高齢者でも全く問題はない。総合医療的なアプローチに加えて、東洋医学的な医療気功と古武術の関係についても探求する。

Kickもちろん、特別テーマに合わせて、通常のドクター苫米地ワークスプログラムである苫米地流のあらゆる内部表現の書換技術も習得する。

クラスでは、書籍に出来ない技術を教えるので守秘義務が果たされる。


全てのクラスは、医師、歯科医師、臨床心理士、看護士、鍼灸師など広く臨床家にも有用なクラスになる。もちろんコーチングの実践者や弁護士、会計士などのプロフェッショナルにも有用。また、教育関係者にも有用だ。参加資格は特に限定していない。個別に判断して参加をお断りするケースはある。医師、歯科医師、針灸師などの医療系国家資格取得者は更に、併設するドクター苫米地ワークスメディカルコミュニティにメンバー参加することができる。臨床心理士も参加可能。

各日の予定講習時間が13時から20時半。これまでのカリキュラム設計から推測して、各日の進捗状況によっては終了が22時ぐらいになることがあり得るので、地方からの参加者はご注意を。終電の都合などのやむを得ない理由の早退はクラス初日に開始日に申告があれば認められる。カリキュラムを各生徒のレベルと進捗に合わせて随時設計、修正するので、クラス初日に申告のない遅刻、早退は一切認められない。クラス中の体調不良による早退については、常に複数の医師が参加しているので、状況での判断となる。

遅刻の場合、ならびに体調が万全でない場合は、欠席して、後の日程に参加のこと。欠席日は、6ヶ月以内の任意のクラス日程、または、補習日程に参加することができる。クラスは『ドクター苫米地ワークスクラス』3日コースと5日コース、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』、
『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』の各クラス。

ドクター苫米地ワークスクラス、3日または5日の通常カリキュラムに加えて、長期記憶に介入するトラウマ介入の技術や、より高度な臨床認知心理技法を学ぶライセンスクラス、『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』カリキュラム。VMPFC (ventromedial prefrontal cortex、前頭前野腹内側部)とDLPFC (dorsolateral prefrontal cortex、前頭前野背外側部)に働きかける認知心理技法の専門家を育てるクラス。不安やクライシス時心理、トラウマ、依存などのテーマも含まれる。また、いわゆる『脱洗脳』の技術も学ぶ。クライシスサイコロジーも含まれる。


また『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』はさらに汎用な上級クラス。これは内弟子に相当する位置づけ。内部表現書き換えなどのスキルと私の代わりにクラスを教える資質が確認された時点でのみ資格が授与される。

私のクラスで教える技術は、公開していない深く内部表現を書き換える技術が含まれており、参加者全員に厳しい守秘義務を果たしている。また、クラス内容に関する問い合わせにも一切答えていない。

最終日には、機能音源と生演奏による大周天気功法も行なう予定。これは、カリキュラムの進捗ではやらない場合もある。

ドクター苫米地ワークスクラスのお問い合わせは、以下のメールアドレスへ。gmailからのメール返信がスパムフィルターされることがあるのでご注意を。

dr.tomabechi.works@gmail.com

に、氏名/年齢/住所/TEL、履歴の入った自己紹介、志望動機を書いて、メールタイトルを 「ライセンス認定クラス合同クラス問い合わせ」として、お問い合わせを。ただクラス内容についてのお問い合わせは受付けていない。このブログ並びにドクター苫米地ワークスDVDの内容からご判断を。延べ1500人を超える医療系並びに一般参加者の両方から内容については常に高評価を受けている。ワークスクラスの内容には、書籍には書くことのできない技術が含まれるので、参加者全員に守秘義務が果たされることを事前に了承したひとのみお問い合わせを。

実技中心のクラスなので、ワークスDVDは第4作まで見終わってから参加して欲しい。ただ、間に合わない場合も、前提知識のない、全くの未経験、初心者でも学べるカリキュラムにしてある。ワークスDVDのサイトは、 http://www.maxpec.net/

VMDLコグニティブセラピストライセンスクラスでカバーするクライシスサイコロジーについては、USTREAM http://www.ustream.tv/recorded/14451458 でも話した通り。ただ、震災から長く経ち、トラウマ記憶が既に長期記憶化してる場合が多く、VMDLコグニティブセラピストライセンスクラスは、長期記憶を防ぐ介入的方法と、長期記憶化されてしまったトラウマ記憶に介入的に働きかける両方の方法を学ぶ。

クライシスサイコロジーの定義は、米国CDC(疾病予防管理センター)に定義がある。

医師、弁護士、会計士、教師、聖職者を含むプロフェッショナル一般向けの介入的な脳と心の書換技術をライセンス行使する苫米地派の資格を認定する「苫米地英人研究所ライセンス認定クラス」は、今月も同時開講するので、広く資格を得たい方は、そちらのクラスを受講して欲しい。両方のクラスを同時受講することもカリキュラム上可能としている。私の名前で、内部表現書換技術を行使することを全世界に私がレファレンスになるというクラスで、レベルが異なる認定である。

本クラス申し込みアドレスと、「苫米地英人研究所ライセンス認定クラス」は今までと同じ。

dr.tomabechi.works@gmail.com

に、氏名/年齢/住所/TEL、履歴の入った自己紹介、志望動機を書いて、メールタイトルを 「ライセンス認定クラス合同クラス問い合わせ」として、お申し込みを。


受付担当はクラス内容の知識はないので、クラス内容についてのご質問は受け付けていない。私が責任をもって指導するという言葉で内容は私に任せてくれる人のみに参加して欲しい。



ワークスクラスの内容には、書籍には書くことのできない技術が含まれるので、参加者全員に守秘義務が果たされる。

『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』と『VMDLコグニティブセラピストライセンスクラス』は、全世界で通用するライセンスを発行するクラス。海外からのレファレンスも私が直接対応し、全世界で仕事ができる。また、『苫米地英人研究所ライセンス認定クラス』ライセンス取得者は、専用の特別プログラムを有料で自ら教授する資格も得ることができる。



追記、

また、よく質問を受けるが、「苫米地コーチング」は、これらのクラスとは異なる。これは、私が個別に個人コーチングをしながら、同時に、コーチングを教えてコーチングの資格を認定するもの。従って、上記のそれぞれのクラスとは異なる。



人気動画:

博士の自由な対談約1時間50分



ニコ動e国政対談約2時間


Tech総研インタビュー


・コグニティブリサーチラボのiPhone・ipod touchアプリ「花札こいこい」は http://www.crl.co.jp/iphone/koikoi

『望む未来を本当に実現する脳と心のプログラム』発売中全て私の声で吹き込んである。CD2枚組版とダウンロード版がある。音学.comのページからダウンロードできる。





Dr. Hideto Tomabechi can be
contacted in English at:
tomabechi.pr@gmail.com



フォレスト出版から『英語脳』DVDが発売中。
購入は以下のサイトか全国の書店で出来る。

http://www.forestpub.co.jp/eigo7/


特にアクセスが多い記事↓↓ 

イエス・キリストを理解してない人たちへ、-(仏陀を理解していない人たちも)


『世界金融危機について』


空の分析哲学定義日本語版
苫米地英人



Defining "Emptiness"



・苫米地英人率いるコグニティブリサーチラボのプログラミング技術が味わえるiPhoneアプリ「花札こいこい」は http://www.crl.co.jp/iphone/koikoi

・会員限定バーチャルコーチングサイト「Club Tomabechi」
入会申し込み受付中
 http://www.club-tomabechi.com/
ギャラリー
  • 橋本マナミ写真集「流出」発売開始
  • 帰国した。早速、成田空港からヘリで移動
  • 帰国した。早速、成田空港からヘリで移動
  • 帰国した。早速、成田空港からヘリで移動
  • 「夢が勝手にかなう手帳」の先行販売が開始された
  • ニューヨークのRudy's で鳴りのいいギターを手に入れた
ブログ内の記事検索
Archives
Recent Entries
Archives
トラックバックされる時は、当ブログの該当記事をリンク付で紹介してください。アダルト関連のTBはお断りします。
Twitterたっぷり